• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月21日 16:05

一瞬にかけて躍動するヒガシの青春(前) ヒガシ 躍進の軌跡 

 当校の体育部は16(含応援団)。その多くが開校と同時の1955(昭和30)年に発足している。10年後にはボクシング部が全国高校総体で個人優勝。以来、剣道部やバスケットボール部、サッカー部、ラグビーフットボール部、野球部、水泳部、ソフトテニス部、バレーボール部が全国高校大会や総体で、団体や個人、ペアなどで優勝。2014(平成26)年にはサッカー部、ラグビーフットボール部、バレーボール部が全国大会団体競技7冠を達成する偉業も成し遂げた。

 部活動のためのセレクションもないなか、ヒガシに憧れて入学する生徒たちは勉強と両立させて活動しなければならず、厳しい日々を送るが、それを乗り越えた時の充実感は計り知れないはず。一瞬にかける青春は輝きに満ちている。

サッカー部

あの栄光を胸に全国制覇目指す

 1970年(昭和45)年の創部。97年度には志波芳則監督(現・総監督)のもと、インターハイ、全国高校サッカー選手権、全日本ユース大会で3冠を達成。ヒガシの名を全国に轟かせた。2015年度には森重潤也監督のもと、2冠に輝いている。OBには日本代表の1人・長友佑都やギラヴァンツ北九州の本山雅志がいる。

サッカー部

ラグビーフットボール部

ユース大会で世界一狙う強者たち

 2014(平成26)年、藤田雄一郎監督のもと、全国高校選抜大会、全国高校7人制大会、全国高校大会(花園)で3冠に輝き、ヒガシの名を全国に印象付けた。また、16-17年の第96回全国高校大会では1試合最多得点記録を更新。底力を見せつけた。OBには布巻峻介、藤田慶和(ともにパナソニックワイルドナイツ)がいる。

ラグビーフットボール部

陸上競技部

注目のユース金メダル選手を輩出

 植木貴頼監督のもと、出口晴翔君が2年生時の2018(平成30)年、第3回ユースオリンピック大会400mハードルで金メダルに輝いた。走る姿に心が顕れるという意の「走姿顕心」をモットーに70名が練習に汗を流し、2019(平成31)年インターハイでは400m、400mハードルで優勝。6年連続で入賞をはたす快挙を成し遂げた。

陸上競技部

バレーボール部

令和初の日本一目指し日々練習

 藤元聡一監督の指導下、2014(平成26)年、インターハイ、国民体育大会、全日本高校選手権大会の3冠を獲得。翌年には全日本高校選手権大会2連覇を成し遂げた。「努力に勝る天才なし」を練習のモットーに、27名の部員が令和初の日本一を目指している。Vリーグの鶴田大樹を始め、実業団などにOB多数。

バレーボール部

ソフトテニス部

インターハイ優勝に向け切磋琢磨

 1999(平成11)年、長尾重則監督の指導のもと、インターハイ個人戦で優勝。現在は石塚成吉監督が指導し「明るく元気よくコツコツと」をモットーに24名の部員が切磋琢磨している。ここ数年は全九州大会やインターハイ、全国選抜大会などに出場し健闘している。目標はインターハイでの優勝に置いている。

ソフトテニス部

水泳部

33年連続で日本選手権大会出場

 「自分に厳しく、何事にも全力で」を胸に70名の部員が江口俊樹監督下で練習に励む。2016(平成28)年度全九州新人大会で優勝、2017(平成29)年度全九州大会で総合優勝。同年まで33年連続で日本選手権大会に出場している。OBにロンドン五輪に出場した石橋千彰氏、1994(平成6)年度インターハイで優勝し日本代表に選ばれた今井亮介氏がいる。

水泳部

空手道部

人間形成を第一に精進する日々

 関戸善伸監督時代、九州内公式戦無敗を記録。2018(平成30)年度全九州大会男子団体組手で初優勝、同年度全国選抜大会で男子団体形3位、インターハイで男子組手3位に輝いている。現在、川添隆一監督のもと、24名の部員が人間形成を第一に空手道に精進。OBに第73回国体の成年男子・組手個人戦・軽量級で準優勝した明吉洸樹選手、全日本Jr強化選手の江藤純哉選手がいる。

空手道部

剣道部

「全員レギュラー主義」で抜群の戦績

 権藤和彦監督が指導した2008(平成20)年以降、インターハイ、全国選抜大会、玉竜旗大会、魁星旗大会、国体などの全国大会で、個人・団体で準優勝や3位、ベスト8という好成績を残す。とくに平成24〜25年度にかけて新人戦・全九州大会・インターハイ県予選で史上2校目となる福岡県3冠を達成した。大学の学生選手権で活躍するOBを多数輩出している。

剣道部

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月19日 16:50

誰もが「自分の未病の医者」になれる 未病メソッドを提唱し、未病産業を振興(1)NEW!

 未病の考え方を普及し、未病総研メソッドを提案する団体として、(一社)日本未病総合研究所=未病総研(代表理事:福生吉裕)が今年1月に発足した。(一社)日本医学会連合の...

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(2)NEW!

 なぜ、朝倉市は地域住民からの要望があったにもかかわらず、同校体育館の改修工事を発注できず、LC337-A地区から「寄贈」を受けたのかを時系列で明らかにしていく。

2019年11月19日 14:09

【(株)万惣】低価格武器に九州進出 宇美町に11月5号店NEW!

 広島県を本拠とする万惣は11月末、福岡県宇美町に九州5号店を出す。昨年11月、飯塚市に1号店を開設してからわずか1年。本拠地で出店余地が少なくなったことから持ち前の...

2019年11月19日 13:47

中小企業では経営者と労働者は共通の目的を達成するパートナー!(前)NEW!

 今、大企業を中核とする現代の市場社会が、経済的停滞に陥ると同時に、人々の共同性・連帯性や労働の尊厳を破壊している現実がある。では、人々を封建的抑圧から解放した市場経...

2019年11月19日 11:42

【凡学一生のやさしい法律学】憲法改正について(6)

   憲法の条文上では、「最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。」(第81条)とあるため、日本...

2019年11月19日 11:32

伊都国フードフェスティバルが糸島を盛り上げる!

 第9回目となる伊都国フードフェスティバルが、糸島市多久で11月16日(土)開催された。今回は初となるやますえ会場と五洋食品会場の2会場で開催され、両会場ともに、朝か...

2019年11月19日 10:52

JR九州、ハイエナファンドの餌食になる!~ファンドの圧力に屈して、100億円の自社株買い(前)

 JR九州は11月5日、発行済み株式の2%に当たる320万株、取得額100億円を上限に、自社株を取得すると発表した。

2019年11月19日 10:46

「第11回ひのまるキッズ 九州小学生柔道大会」を開催 スポンサー募集中

 (一社)スポーツひのまるキッズ協会(永瀬義規理事長)は2020年1月19日(日)、福岡県春日市の春日市総合スポーツセンターで、「第11回スポーツひのまるキッズ 九州...

2019年11月19日 10:13

続々・鹿児島の歴史(1)~古墳について~

 今回は大隅国(種子島・屋久島等の熊毛地域を含む)や新たに追加したい事柄等を中心に述べます...

2019年11月19日 09:42

名門ゴルフクラブの株主権確認訴訟~法務過誤

 国民は本件事件で、現在の司法サービスがまったく国民には無益有害となっている実態を学ぶことになった。第一審判決は勝訴した長男に遺産の全額の帰属を認めたが、それは長男に...

pagetop