2021年12月09日( 木 )
by データ・マックス

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(17)〜工事経歴に記載されていないのはなぜなのか?

本日の名誉顧問会で疑惑を明らかに!

 本日(12月9日)、既報の通り、ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区の『名誉顧問会』が午前10時頃から開催されている。開催場所は不明だが、「開催されることは、間違いない」と元ガバナーに近い関係者に確認した。

 LCの名誉顧問会とは、現ガバナーが任命した前および元ガバナーによって構成され、地区の調和のために開催される。出欠者の詳細は、明らかではないが相応のメンバーが集結する模様だ。ぜひともLC337-A地区の調和のための健全な議論を希望する。

 まずは、先週6日に当サイトで掲載したLCIF(Lions Clubs International Foundation:ライオンズクラブ国際財団)基金の活用をめぐる件について真相を明らかにしてもらいたい。

工事経歴書の申請がなされていない

 朝倉市立松末小学校体育館床改修工事をめぐり、LC337-A地区から朝倉市の建設会社への発注の過程が、不明瞭なことも問題である。その1つが、施行されたとされる朝倉市の建設会社の変更届出書(平成29年12月1日から平成30年11月30日まで)のなかの様式第2号工事経歴書に当該工事が記載されていないことだ。

 記者は過去に数多くの建設業者の調査を行ってきた。工事経歴書に大口工事の記載がなされていなかったことは初めての経験であり「こんないい加減な業者がいるのか」とショックを受けた。さらに「このような業者に仕事を発注する実行委員長のでたらめさ」に二重のショックを受けた。

 朝倉市が試算した工事請負代金1,791万4,978円前後の完工高が記載されているはずだが、工事経歴書を今一度確認すると、その金額以下の元請工事は記載されているにも関わらず、当該工事の記載がない。この規模の工事経歴を未記載にすること自体、あり得ないこと。よしんば、「忘れていた」となると、建設会社としての見識が疑われる。

 記者はこの建設業者に何度か質問状を送りつけたが、なしのつぶて(既報)。やましいことがあり、沈黙しか選択肢が無かったのだろうか! 

 豪雨災害工事を引き受けたことは名誉あることである。ところがこの名誉ある工事をひた隠すということは何か後ろめたいことがあるのだ。そのような建設会社に依頼する当時の(2017-18期)LC337-A地区キャビネット幹事で九州北部豪雨被災対策本部の実行委員長の判断力を疑わざるを得ない。

※クリックで拡大

(つづく)
【河原 清明】

【美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援】の記事一覧

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(19)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(18)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(17)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(16)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(15)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(14)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(13)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(12)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(11)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(10)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(9)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(8)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(7)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(6)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(5)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(4)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(3)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(2)
美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(1)

(16)
(18)

関連記事