• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月31日 15:38

大切な市長選に与野党馴れ合いは「NO」 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、京都市長選では自公と手を組む立憲、国民、社民に対して「NO」を突き付ける必要があると訴えた1月30日付の記事を紹介する。


 京都市長選が2月2日に投票日を迎える。現職の門川大作候補は自公に加えて立憲、国民、社民の推薦を受けている。圧勝の心つもりなのだろうが、陣営が地元紙に「大切な京都にと見出しをつけた全面広告を掲載した。

 対立候補の福山和人氏は共産党、れいわ新選組の推薦を受けているが無所属候補である。門川陣営のあせりを示す新聞広告である。

 最大の問題は国政で対立している自公と立憲、国民、社民が相乗りしていることだ。与野党馴れ合いでなければ、このような相乗りはできない。

 国政では安倍内閣打倒としながら、地方自治体では与野党相乗りで「共産党の市長は『NO』」と全面広告を打つ。要するに、立憲も国民も社民もテーブルの下で自公と手を握っているということだ。

 立憲の福山哲郎参院議員、国民の前原誠司衆院議員は京都選出の国会議員だ。京都では共産党が強い支持基盤を有している。その共産党と選挙を戦うから自公と手を組む。

 要するに、自分の選挙の都合しか考えていないということでもある。政党の訴えは主権者に対する訴えである。

安倍政治を許さない!
安倍政治を打倒する!

 主権者に対して立憲や国民は、こう訴えているのではないのか。その訴えが真摯なものであるなら、政令市の市長選で自公と手を組むという選択肢はないだろう。ご都合主義が鮮明だ。

 国会で対立を装う自公幹部と笑顔で手を組んでいる姿を見れば、立憲や国民が真摯に安倍政治を打倒するとの気概を持っていると受け止めることはできない。主権者に対して二枚舌を使うことは主権者に対する背信行為である。

 このような野党に日本政治の刷新を委ねることもできないと多くの主権者が判断するだろう。その判断を選挙の投票に託すべきだ。

 選挙に行かなければ、選挙に行く者の意向だけで政治が決められてしまう。自公支持者は自分たちの利権を維持し、拡大するために選挙に足を運ぶ。いまの自分の金のことしか考えない。こんな政治を放置して良いのかという問題だ。

 立憲、国民、社民は福山和人候補を支援するべきだろう。国政で安倍政治打倒を訴え、国政で共産党とも共闘しようとしているときに、なぜ、共産党推薦候補を支援して、反自公の結集を実行しないのか。説明がつかない。京都市の主権者は、この点を十分に考える必要がある。

 この問題が今後の国政を考える際に最重要のポイントになる。自公政治を否定して、安倍政治打倒を掲げるなら、自公と手を組むという選択はあり得ない。ところが、その選択をしているのが立憲、国民の実情だ。このような政党に日本政治刷新を委ねることはできない。

※続きは1月30日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」「日本の二大政治勢力体制と京都市長選」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月05日 17:05

【みやき町】「元なでしこ」海堀ディレクター委嘱式・女子サッカーチーム・ユニフォーム発表NEW!

 佐賀県みやき町こすもす館において、5日、海堀あゆみ氏のみやき町スポーツ政策ディレクター委嘱式および「みやきなでしこクラブU-15」のユニフォーム発表会が行われた...

2020年06月05日 16:58

コロナ危機の裏で深刻化する食糧問題と加熱する種子争奪戦争(中編)NEW!

 あまり知られていないが、アフガニスタンは40年前には豊かな農業の輸出国であった。アメリカ軍はアフガニスタン侵攻に際し、「2007年までには同国が再び食糧に関して自給...

2020年06月05日 16:00

伊都きんぐの感謝の0円販売、あっという間に終了

 「どらきんぐエース」、「どらきんぐ生(期間限定商品)」などを販売する伊都きんぐ。同店は公式Twitterを通じてあまおう苺入りチョコレート「いちごの卵」の「訳アリ大...

2020年06月05日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月1日発表 福岡労働局分

 6月1日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年06月05日 14:51

国家インフラに「負担金」不可解(前)

 遅々として進まない整備新幹線を尻目に、JR東海が手がけるリニア中央新幹線は着実に整備が進んでいるように見える...

2020年06月05日 14:40

今できることに堅実に挑む~(有)金谷洋瓦工事店

 屋根工事一筋53年の社歴を有し、福岡県内だけでなく、県外でも多くの受注実績を有する(有)金谷洋瓦工事店。金谷宏之代表を始めとした熟練した技術者および同社専属職人の高...

2020年06月05日 13:30

「博多廊」「星期菜」などが1日より営業再開~IMD Allianceの取り組み

 営業再開にあたってのあいさつと同社の感染予防対策についてのメールが寄せられたので、以下に紹介する...

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

2020年06月05日 11:45

(株)ホテルオークラ福岡の社長〜コロナは「新たなホテル業の在り方」を考えさせられた良い機会

 6月に入り、ようやく通常通りの営業に戻し、ホテル内のレストラン・バーも徐々に活気を取り戻しつつあるホテルオークラ福岡。コロナショックにより、改めて業界の役目・今後の...

2020年06月05日 11:14

「 ふくおか筑紫フードバンク」こども食堂のフードパントリーを応援中~エフコープ・西松建設との連携で子どもの居場所づくり(前)

 「ふくおか筑紫フードバンク」の運営を担っているのは、「特定非営利法人チャイルドケアセンター」であり、代表理事は大谷清美氏が務める...

pagetop