実現するのか?名古屋城の木造復元プロジェクト(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月09日 12:00

実現するのか?名古屋城の木造復元プロジェクト(前)

 名古屋市は現在、名古屋城天守閣の木造復元を進めている。名古屋城には、1800年代に作成された「金城温古録」のほか、昭和初期に計測された「昭和実録図」など建造物に関する詳細な資料が残されている。名古屋城は、名古屋というまちのシンボルであり、主要な観光資源でもある。これらの資料を基にオリジナルな天守閣が復元されれば、国内に類例のない観光名所になる。そう考えた河村たかし市長の下、2015年にプロジェクトは動き始めたが、いまだ(20年3月時点)工事に着手できていない。

黙殺された石垣部会の提言

名古屋城天守閣石垣

 名古屋城は1612年築城。金鯱は名古屋のシンボルになっている。天守閣は、1945年の名古屋空襲により焼失。59年に鉄骨鉄筋コンクリート構造として復元された再建・建造物だ。現在の天守閣は石垣に乗っているように見えるが、実際は天守台の土中に敷設されたケーソンに支えられており、石垣に荷重はかかっていない。

 名古屋市は2006年、城全体の整備計画などについて諮る目的で、特別史跡名古屋城跡全体整備検討会議(旧・全体整備検討委員会)を設置している。この検討会議には、天守閣の木造復元について調査検討を行う天守閣部会と、石垣に関する調査検討を行う石垣部会がある。

 詳細は後述するが、石垣部会は「天守台石垣こそが本質的価値」だとして、市に対して「工事前に石垣の調査、保全が必要」と提言したが、市は提言を事実上黙殺したまま、文化庁に現天守閣解体の現状変更許可を申請した経緯がある。木造復元をめぐる騒動は、この点に端を発する。

職員の要望を受け指示書を作成

 名古屋城天守閣木造復元プロジェクトが動き始めたのは、15年8月24日。河村たかし市長が、城を所管する市民経済局長に指示書を出したのが始まりだ。内容は次の通り。

 (1)名古屋城跡の具体的な復元整備計画を、速やかに策定すること。
 (2)復元整備計画は、まず本丸(小天守、東北隅櫓、多門櫓、門、石垣等)、二の丸(御殿、庭園、門、石垣等)を整備することとし、本丸天守の復元は、今秋から着手すること。
 (3)本丸天守の復元手法については、技術提案交渉方式を採用するものとし、9月議会までに法的・技術的課題をクリアすること。また、技術提案交渉方式を進めるために必要な予算を9月議会に提出すること。
 (4)今後の名古屋城の維持・管理・運営について、新たに民間の知恵も導入すること。

 以上、本件の全責任は私が取るので、各員全力で取り組まれたい。

 一見、普通の指示書だが、河村市長が自ら発したものではない。天守閣の木造復元を迫る河村市長に対し、「木造復元はできない」と反論する市職員が、「(どうしても木造復元をやるというなら)全責任は市長が負うと業務命令書を書いてほしい」という要望を受け、作成された経緯がある。指示書中に「木造復元」を示す文言が一切見当たらないのは妙だが、河村市長が、市職員から木造復元を進める根拠として、指示書を書くよう求められた旨を発言していることから、そう解して差し支えない。

 河村市長は、オリジナル復元だけでなく、20年7月の事業完了にもこだわった。インバウンドなど観光需要増が見込める「東京オリンピックに間に合わせたい」という思いがあったからだ。だが、河村市長のこだわりは、結果的にすべて裏目に出る。

事業費505億円で基本協定締結

 市は木造復元プロジェクトをスタートさせ、15年12月に天守閣事業の公募型プロポーザルを実施。16年3月、(株)竹中工務店が優先交渉権者に決定した。
 しかし、16年4月発生の熊本地震によって熊本城の石垣が崩壊したことを受け、石垣の重要性を議会から厳しく追及されたことに対し、市長が「耳を傾ける」と発言するなどし、約1年間にわたり継続審議。当初は20年7月の事業完了予定だったが、22年12月への延期を余儀なくされた。17年5月、市は竹中工務店と設計施工などに関する基本協定を締結。総事業費は505億円に上る。同年7月、木造復元のための寄付を募る「金シャチ募金」が始まった。

 熊本地震の被害により、文化財的価値の高い名古屋城石垣の保全対策をどうするかが問題として浮上する。市と竹中工務店は17年7月、基本設計の一環として、天守台石垣調査を実施。翌18年1月には、さらに詳細な石垣調査を実施する契約を締結。18年4月には、両者は実施設計の契約を結んだ。

(つづく)

【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

(株)じゅう(福岡)/マンション分譲ほかNEW!

 同社は、2月24日、福岡地裁より破産手続開始決定を受けた。

2021年03月09日 17:33

【3/13】「吉塚市場リトルアジアマーケット」グランドオープンNEW!

 博多区の吉塚商店連合組合は昨年12月1日、「吉塚商店街」を「吉塚市場リトルアジアマーケット」としてリニューアルオープンさせた。同マーケットは老朽化したアーケードの改...

2021年03月09日 17:22

積水ハウス、吉崎執行役員が退任NEW!

 積水ハウス(株)は4日、執行役員の異動を発表した...

2021年03月09日 17:13

コロナで明暗企業~日本たばこ産業(JT)が日本から脱走(1)NEW!

 日本たばこ産業(JT)は本社機能をスイスに移転する。たばこ事業は、国内はJT本社、海外はジュネーブに拠点を置くJTイーターナショナル(JTI)が担ってきたが、来年1...

2021年03月09日 17:00

新型コロナワクチン接種の死亡事例、因果関係を「評価不能」と報告NEW!

 自民党は3日、新型コロナウイルスに関するワクチン対策プロジェクトチーム(PT)の会合を自民党本部で開催した。その報告内容を以下に紹介する...

2021年03月09日 16:35

カーボンプライシングを検討、炭素税やCO2排出量取引の導入を視野に~環境省NEW!

 環境省は2日、「カーボンプライシングに関する小委員会」を開催し、炭素税の導入やクレジット取引などの導入について議論した。年内に方向性を取りまとめる...

無理のない経営戦略、顧客の立場で 物事を考える柔軟性を兼ね備えた企業NEW!

 (株)タイヘイの販売力の源泉は社員だという。たとえば、誰もが認める人柄の良さは、マンション販売において大きな強みだ。いうまでもないがマンションや住宅は、顧客にとって...

中小企業の課題・問題解決で成長 IT化支援で顧客サポート力を強化NEW!

 ビジネスにおける企業の成長は、多くの顧客を獲得し、その顧客からいかに長く支持され続けられるかにあるといえる。その根源となる力の1つが、顧客の抱える課題や問題を解決す...

2021年03月09日 15:24

【凡学一生の自戦体験記3】警察官の身分証明方法も問題NEW!

 南署の警察官が、「正式な手続きをして出直してくる」と捨て台詞を吐いて立ち去ってから1週間が経った。その間、凡学の携帯電話に非通知着信が2度届いた。非通知着信に応じる...

2021年03月09日 14:59

巨大地震とマンションの耐震性NEW!

 間もなく東日本大震災から10年となります。ニュージーランドでは2011年2月22日にクライストチャーチ市付近でM6.3の地震が発生し、日本人留学生を含む185人の死...

pagetop