共感人口を増やし、住み続けたい宗像に――(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月14日 07:00

共感人口を増やし、住み続けたい宗像に――(後)

宗像市長 伊豆 美沙子 氏

持続可能な宗像市へ

 ――地方自治体にとって定住人口の増加は重要課題の1つだと思いますが、子育て世帯などの若い住民を呼び込む政策などはいかがですか。

 伊豆市長 宗像市は、これからも良好な住宅都市としてあり続けなければならないと思っています。多くの人に住みたい、住み続けたいと思ってもらえるまちづくりはもちろんですが、なかでも子育て世帯などの若い人たちに住んでいただくための定住化施策は、本市の最重要施策の1つです。

 市としてもこれまで、子育てセンター「ふらこっこ」や20カ所の子育てサロンなどの子育て支援の拠点を設けるほか、小中一貫教育に先駆的に取り組むなど、子育て環境や教育環境の充実にはとくに力を入れ、教育文化都市としてのブランドを高めてきました。併せて、地域との協力の下での安心・安全のまちづくりには引き続き注力し、子育て世帯に選ばれるまちを目指してまちづくりを進めていきます。

 ――新型コロナウイルス感染拡大の影響が続くなか、テレワーク推進の流れが社会的に進んでくると、宗像市のような住環境の良い郊外型の住宅都市が注目を浴びてくるのではないでしょうか。

 伊豆市長 いわゆる3密を避けるという流れのなかで、これまでの大都市への一極集中から今後は地方への分散が進んでいき、そのなかで新しい働き方の形態が生まれてくる可能性は考えています。たとえば、これまでは職住近接が注目されていましたが、今後はテレワークの普及によって「通勤しなくていい」「住んでいるところで仕事ができる」という“職住同一”への流れも出てくるのではないでしょうか。そうした場合に、やはり重要視されるのは住環境の良さだと思います。

 市としても「住みたい、住み続けたい」まちづくりには一層注力していかねばなりません。また近年は、ワークとバケーションを合わせた「ワーケーション」という働き方も出てきていますので、ワーケーションで自然豊かな宗像・大島への来島を促すPRなども行いながら、テレワーク推進の流れのなかで、宗像市の住宅需要が増えてくれることを期待しているところです。

 ――最後に、宗像市が目指していく将来像について、市長のお考えをお聞かせください。

 伊豆市長 現在の宗像市の教育文化都市としての礎は、私が尊敬する郷土の偉人である出光興産・創業者の出光佐三氏によって築かれたものです。教育・子育てをとくに重視している宗像では、“人材”ではなく“人財”という言葉を使っています。まちの財産である子どもたちには、出光佐三氏のように混迷の時代を生き抜く想像力をもった人になってもらいたいですね。将来を見据え、自身で起業する、そんな自立心と想像力をもった「第2の出光佐三」を生み出したいと思います。

 また、出光佐三氏は宗像大社の再建や沖ノ島の学術研究に尽力しました。彼がいなければ、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が世界遺産に選ばれることはなかったでしょう。彼の想いを受け継ぎながら、かけがえのない貴重な歴史・文化遺産や海の環境を守り、後世に引き継いでいくことは、世界遺産シティである本市の使命です。

 現在、「save the sea(セイブ・ザ・シー)」という合言葉での宗像の海の環境を守り続けるという活動に、一般市民や地域の内外の企業・団体など多くの方々が共感して参加していただいています。こうした宗像市のさまざまな取り組みに共感していただける人々のことを私は「共感人口」と呼んでいますが、共感人口の拡大に努め、活動の輪をより大きなものにしていきたいと思っています。

 そして、将来にわたって「宗像に住みたい、住み続けたい」と多くの人々に思ってもらえるような宗像市を目指していきます。

(了)

【坂田 憲治】


<PROFILE>
伊豆 美沙子
(いず・みさこ)
宗像市出身。宗像高校および京都女子大学国文学科を卒業後、会社員を経て家業の酒造業に従事。そのほか、ラジオパーソナリティーや福岡大学非常勤講師など、幅広い活動を行う。2011年4月から福岡県議会議員を2期務めた後、18年5月に宗像市長に就任。福岡県内初の女性市長として注目された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月02日 07:00

【八ッ場ダムを考える】完成まで68年八ッ場ダムにおける「闘争」とは(3)NEW!

 「八ッ場(やんば)ダム」は、2009年9月、民主党政権下でダム建設中止が宣言されたことから、一躍全国的に有名となったダムだ。その完成には、1952年の調査開始から2...

2021年03月02日 07:00

鎌倉・空き家再生ファンドで住民参加型のまちづくり(後)NEW!

 人が長く住み続けられる家を目指して、新築の設計にも工夫を凝らす。中古住宅市場はまだ成熟していないため、新築からも空き家の解決策を探っているのだ...

2021年03月02日 07:00

基山町で18年ぶりの分譲マンション、地方創生の新たなモデルを目指す(後)NEW!

 今回のマンション建設にあたって1月25日、同社と基山町は「まちづくりに関する協定」を締結した。双方が協力してまちづくりの推進および地域振興を行う、官民連携の新たなま...

2021年03月02日 07:00

西鉄高架化、駅前再開発も控える 住宅都市・春日&大野城の今昔(3)NEW!

 明治期になっても、大部分は純農村だった春日村および大野村だが、交通インフラの開通とともに、急激な変化が訪れることになる。まず、1889年12月に九州鉄道の博多~千歳...

2021年03月01日 18:13

【九州FG】肥後銀と鹿銀で共通のスマホアプリを開発 オンラインで口座開設も

 (株)九州フィナンシャルグループ(熊本市)が、モバイルバンキングサービスを手がける米・ムーブン社と提携して傘下の肥後銀行(熊本市)と鹿児島銀行(鹿児島市)共通のスマ...

2021年03月01日 18:04

米金利上昇ショックの株急落、日本株投資に稀有の好条件が揃った

 世界的に株価調整が起きている。日本株価はコロナ後の底値から年末までに68%の急伸を遂げ、今年に入ってからも年初比11%上昇と快進撃を続けてきたが、2月16日の高値か...

2021年03月01日 16:56

【大手企業を糾弾する/大和エネルギー】脊振山系の風力発電所建設計画からみえること(前)「輝く小さな町」糸島市の豊かな自然を守ることこそ、私たちの責任

 「脊振山系に大規模な風力発電所の建設計画」という一見すると心地よいタイトルを掲げて、大和エネルギー(株)が自然の力を活かす再生可能エネルギー事業の...

2021年03月01日 16:26

アビスパ、高いJ1の壁に苦杯 福岡1-2名古屋

 サッカーJ1リーグのアビスパ福岡は2月28日、ホームのベスト電器スタジアムに名古屋グランパスを迎え、シーズン第1節の試合を行った。5年かけてたどり着いた待望のトップ...

2021年03月01日 15:19

中国経済新聞に学ぶ~中国の9割の若者が老後に不安

 中国メディアが行った調査によると、18~35歳の1,000人余りの回答者のうち、9割近くが「今から自分の老後について考え始めなければならない」と答えたという。これよ...

現場を重視した顧客主義戦略で サッシ工事では地場トップクラス

 建物の外と室内を仕切り、風雨を遮る、個室をつくる、さらに個室内を仕切って収納をつくる―建具とは住宅の開口部に取り付けられる「仕切り」の総称を指す。玄関ドアや障子、ふ...

pagetop