共感人口を増やし、住み続けたい宗像に――(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月14日 07:00

共感人口を増やし、住み続けたい宗像に――(後)

宗像市長 伊豆 美沙子 氏

持続可能な宗像市へ

 ――地方自治体にとって定住人口の増加は重要課題の1つだと思いますが、子育て世帯などの若い住民を呼び込む政策などはいかがですか。

 伊豆市長 宗像市は、これからも良好な住宅都市としてあり続けなければならないと思っています。多くの人に住みたい、住み続けたいと思ってもらえるまちづくりはもちろんですが、なかでも子育て世帯などの若い人たちに住んでいただくための定住化施策は、本市の最重要施策の1つです。

 市としてもこれまで、子育てセンター「ふらこっこ」や20カ所の子育てサロンなどの子育て支援の拠点を設けるほか、小中一貫教育に先駆的に取り組むなど、子育て環境や教育環境の充実にはとくに力を入れ、教育文化都市としてのブランドを高めてきました。併せて、地域との協力の下での安心・安全のまちづくりには引き続き注力し、子育て世帯に選ばれるまちを目指してまちづくりを進めていきます。

 ――新型コロナウイルス感染拡大の影響が続くなか、テレワーク推進の流れが社会的に進んでくると、宗像市のような住環境の良い郊外型の住宅都市が注目を浴びてくるのではないでしょうか。

 伊豆市長 いわゆる3密を避けるという流れのなかで、これまでの大都市への一極集中から今後は地方への分散が進んでいき、そのなかで新しい働き方の形態が生まれてくる可能性は考えています。たとえば、これまでは職住近接が注目されていましたが、今後はテレワークの普及によって「通勤しなくていい」「住んでいるところで仕事ができる」という“職住同一”への流れも出てくるのではないでしょうか。そうした場合に、やはり重要視されるのは住環境の良さだと思います。

 市としても「住みたい、住み続けたい」まちづくりには一層注力していかねばなりません。また近年は、ワークとバケーションを合わせた「ワーケーション」という働き方も出てきていますので、ワーケーションで自然豊かな宗像・大島への来島を促すPRなども行いながら、テレワーク推進の流れのなかで、宗像市の住宅需要が増えてくれることを期待しているところです。

 ――最後に、宗像市が目指していく将来像について、市長のお考えをお聞かせください。

 伊豆市長 現在の宗像市の教育文化都市としての礎は、私が尊敬する郷土の偉人である出光興産・創業者の出光佐三氏によって築かれたものです。教育・子育てをとくに重視している宗像では、“人材”ではなく“人財”という言葉を使っています。まちの財産である子どもたちには、出光佐三氏のように混迷の時代を生き抜く想像力をもった人になってもらいたいですね。将来を見据え、自身で起業する、そんな自立心と想像力をもった「第2の出光佐三」を生み出したいと思います。

 また、出光佐三氏は宗像大社の再建や沖ノ島の学術研究に尽力しました。彼がいなければ、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が世界遺産に選ばれることはなかったでしょう。彼の想いを受け継ぎながら、かけがえのない貴重な歴史・文化遺産や海の環境を守り、後世に引き継いでいくことは、世界遺産シティである本市の使命です。

 現在、「save the sea(セイブ・ザ・シー)」という合言葉での宗像の海の環境を守り続けるという活動に、一般市民や地域の内外の企業・団体など多くの方々が共感して参加していただいています。こうした宗像市のさまざまな取り組みに共感していただける人々のことを私は「共感人口」と呼んでいますが、共感人口の拡大に努め、活動の輪をより大きなものにしていきたいと思っています。

 そして、将来にわたって「宗像に住みたい、住み続けたい」と多くの人々に思ってもらえるような宗像市を目指していきます。

(了)

【坂田 憲治】


<PROFILE>
伊豆 美沙子
(いず・みさこ)
宗像市出身。宗像高校および京都女子大学国文学科を卒業後、会社員を経て家業の酒造業に従事。そのほか、ラジオパーソナリティーや福岡大学非常勤講師など、幅広い活動を行う。2011年4月から福岡県議会議員を2期務めた後、18年5月に宗像市長に就任。福岡県内初の女性市長として注目された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月20日 15:33

「福岡の避密(ひみつ)の旅」観光キャンペーン~最大で50%の宿泊費を県が負担 県内宿泊施設募集中NEW!

 福岡県は、深刻な影響を受けている県内の観光業を支援するため、11月から「福岡の避密(ひみつ)の旅」観光キャンペーンを実施する...

2020年10月20日 14:23

音楽に見る日本人の正体(3)総集編(前)NEW!

 拙著「『陸軍分列行進曲』とふたつの『君が代』―出陣学徒は敵性音楽で戦場に送られた」の発売から2カ月以上が経った。読者からの反応は実に良い。 しかし、寄せられた感想は...

2020年10月20日 13:12

【~11/15】ふくおかジビエフェアが県内18店舗で開催NEW!

 福岡県は県内の飲食店や販売店でジビエ料理や加工品を提供する「ふくおかジビエフェア」を開催中...

2020年10月20日 11:07

福岡の建設工事出来高、8月は持ち直すNEW!

 国土交通省は19日、『建設総合統計(2020年8月分)』を公表した。これによると、福岡における8月の建設工事出来高は1,167億円...

2020年10月20日 10:02

糸島野菜の生産者になりませんか?農業研修生募集NEW!

 糸島市では、福岡普及指導センターやJA糸島と連携し、糸島野菜の担い手となる新規就農者の確保や育成を支援している...

2020年10月20日 07:00

「デジタル庁が目指すべき“人間中心”のAI戦略とサイバーテロ対策」(2)

 サイバー攻撃といえば、海外からの侵入や見知らぬハッカーによる攻撃をイメージしやすいが、実際には内部犯の可能性も多く、システムを熟知している人間であれば簡単にセキュリ...

2020年10月20日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命拒否事件(6)番外編(後)

 橋下氏は、前回記事で取り上げた宇都宮氏の見解の変更について、「かなり恥ずかしい議論をしていたが、流石に見解を変えたね」と投稿した...

2020年10月19日 16:15

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命拒否事件(6)番外編(前)

 国民は弁護士の知力・論理力がいかに拙いものであるかという実演劇を、橋下・宇都宮両有名弁護士の論争に見ることができる。橋下氏の議論の注目すべき点は...

2020年10月19日 15:43

話題を呼んだDeFi(分散型金融)市場(前)

 今年は、DeFi(分散型金融)が注目を集めた年である。しかし、暗号資産(仮想通貨)をよく知らない人にとっては、この言葉自体をほとんど聞いたことがないだろう...

2020年10月19日 15:13

アビスパ、12連勝でついに首位! 群馬0-1福岡

 サッカーJ2リーグ・アビスパ福岡は18日、第27節ザスパクサツ群馬戦をアウェー・正田醤油スタジアムで行った...

pagetop