2022年08月10日( 水 )
by データ・マックス

「住宅イノベーション」の拠点開設、東大と積水ハウスがデジタル技術の普及図る

 東京大学大学院工学系研究科(研究科長:染谷隆夫氏)と積水ハウス(株)(代表取締役社長:仲井嘉浩氏)は10月14日、「国際建築教育拠点(SEKISUI HOUSE–KUMA LAB)」の研究施設「T-BOX」を東京大学工学部1号館に新設し、運用を開始した。T-BOXでは、「未来の住まいのあり方」をテーマとした研究および次世代の建築人材育成を目指している。

日本が世界に発信する建築技術

T-BOX
T-BOX

 少子高齢化や環境問題などのさまざまな社会課題の解決に向けて、住まい・建築の新たな在り方が求められている。一方、急速に建築分野におけるデジタルテクノロジー活用が世界的に進むなかで、日本は高い技術力をもっているものの、その普及促進には大きく後れをとっている現状にある。

 そこで、建築学における最先端のデジタルテクノロジーの活用研究と国際的な人材育成を目指す東京大学は、“「わが家」を世界一幸せな場所にする”というグローバルビジョンを掲げる積水ハウスとともに、「未来の住まいのあり方」をテーマとした研究の場をつくることに合意し、今回のT-BOX新設に至った。

 T-BOXとは、国際建築教育拠点(SEKISUI HOUSE - KUMA LAB)が東京大学内で運営するスペースの呼称。工作機械や複写機器の設備を備えた同施設は、学内からの利用者を広く受け入れ、東京大学のものづくり環境のハブとなる。世界的潮流に合わせた研究施設の整備および国際的な人材育成を目的としており、3Dスキャン・プリンター、CNC加工機、レーザー加工機など、最先端の機器が設置されている。

 東京大学本郷地区キャンパスに設けられたT-BOXの延床面積は約180m2sup>。デザイン監修は、東京大学特別教授・名誉教授である隈研吾氏や、東京大学特任講師の平野利樹氏らによって行われた。10月14日に行われたオンライン記者会見には積水ハウス(株)・仲井嘉浩社長や隈氏のほか、同大学院工学系研究科長・工学部長・染谷隆夫氏、イーソリューションズ(株)・佐々木経世社長らなどが出席した。

【麓 由哉】

  • 1
  • 2

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、建設・不動産業界に関すること、再開発に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

記事の企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は別途ご相談。

現在、業界に身を置いている方や趣味で建築、土木、設計、再開発に興味がある方なども大歓迎です。

また、業界経験のある方や研究者の方であれば、例えば下記のような記事企画も募集しております。
・よりよい建物をつくるために不要な法令
・まちの景観を美しくするために必要な規制
・芸術と都市開発の歴史
・日本の土木工事の歴史(連載企画)

ご応募はこちら(nagaue@data-max.co.jp)まで。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事