2024年04月24日( 水 )

福岡再開発2022 大規模プロジェクトが目白押し(前)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

「νガンダム福岡に立つ」今春ららぽーと福岡開業へ

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡

 福岡市博多区那珂の青果市場跡地で、九州初進出となる「ららぽーと」の開業に向けての工事が着々と進んでいる。

 「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」(以下、ららぽーと福岡)は、青果市場跡地の敷地面積約8万6,600m2にS造地上5階・地下1階建の店舗棟と、S造地上7階建の立体駐車場棟2棟などを建設する一大プロジェクト。全体の延床面積は約20万6,400m2で、駐車場台数は約3,050台を確保する。幹線道路の筑紫通りに接し、JR鹿児島本線・竹下駅から徒歩9分の立地で公共交通機関の交通利便性に優れるほか、施設内にはバスターミナルを新設予定で、各方面からの新設バス路線も計画中。事業主体は三井不動産(株)、九州電力(株)、西日本鉄道(株)の3社が共同で設立した博多那珂6開発特定目的会社。22年3月竣工、22年4月開業を予定している。

 こどもの職業・社会体験施設「キッザニア」や、日本最大級の木育・多世代交流施設「おもちゃ美術館」も九州初進出となるほか、この地にあった旧青果市場の記憶を受け継ぐかたちで、九州・福岡をはじめとした多様な食の魅力を発信する「フードマルシェ」も誕生する。フードマルシェでは、(株)西鉄ストアが手がける「レガネット DAILY ENTERTAINMENT SQUARE」や、旧青果市場で長きにわたって携わってきた仲卸が新たな業態として運営するグローサラント()形態の「MARKET 351」を核として、産地直送の旬の農産物などのさまざまな食を体験できる約20店舗が一堂に会する。このほか、福岡初となる独自規格のハイスペックシアター「プレミアムシアター」を2スクリーン配置したTOHOシネマズが出店するほか、ECサイト「ベイクルーズストア」が九州初となるリアル店舗をオープン。「スピック&スパン」や「スローブ イエナ」などの人気ブランドはもちろん、不定期にさまざまなブランドが出店するポップアップストアも併設する。さらに、店舗棟の屋上部分には、フットボール施設「MIFA Football Park 福岡」がオープンするほか、200m陸上トラックやテニスコート、3×3バスケットボールコートを有する「スポーツパーク」も誕生。施設全体で1万m2超規模のスポーツの拠点を形成する。

実物大νガンダム
実物大νガンダム

    また、ららぽーと福岡の目玉の1つとして、バンダイナムコグループと連携して九州初の実物大ガンダム立像となる高さ約20mの「RX-93ff ν(ニュー)ガンダム」が建設されることも話題になった。同立像は、1988年公開のアニメーション映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場する「RX-93νガンダム」をベースとしたもので、新設定となる「ロングレンジ・フィン・ファンネル」を装備し、ガンダムシリーズ総監督の富野由悠季氏による監修のもと、トリコロールのマーキングが施されたもの。立像はまだ完成はしていないものの、すでに筑紫通り沿いに屹立しており、その雄々しい姿の片鱗を見せている。これに関連して、ららぽーと福岡内には、ガンダムの世界を体感できるエンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」なども計画中。福岡の新たなエンターテインメントの拠点として、幅広い世代のお客が楽しめる施設を目指すとしている。

※グローサラント:食品雑貨「グロッサリー」と「レストラン」を組み合わせた造語 ^

 このように、ショッピングや食、エンターテインメント、スポーツなどの集積によって、地域・世代・性別を超えたコミュニティ拠点となり、エリア一帯の魅力的なまちづくりに貢献していくことが期待されているららぽーと福岡。近接地では、大和ハウス工業(株)と西日本鉄道によるRC造地上14階の2棟(SOUTH、EAST)からなる総戸数183戸(SOUTH118戸、EAST65戸)の分譲マンション「ブライトクロス博多」(22年10月下旬竣工予定)の建設も進んでいる。大規模商業施設の開業での誘客に加え、新たなマンション開発での住民増加によるエリア内外からの賑わい創出に期待がもたれるが、その一方で、周辺道路の従前からの交通混雑のさらなる悪化も懸念されている。いずれにせよ、今春のららぽーと福岡の開業が、近隣エリアだけでなく、福岡市全体に絶大なインパクトをもたらすであろうことは間違いない。

ブライトクロス博多
ブライトクロス博多

【坂田 憲治】

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事