2021年12月05日( 日 )
by データ・マックス

地道な活動を積み重ね 受賞続く福中協

renosmail2 5月末、福岡中小建設業協同組合(大里博之理事長)に第一回福岡県木造・木質化建築賞奨励賞の表彰状が届いた。この賞は、福岡県産木材の需要拡大を目指し、木造・木質化に優れたモデル建築物を紹介し、普及を推進するために創設されたもの。

 今回、表彰されたのは同組合が手がけたマンションリノベーション「Renosmile『木箱Imaizumi』」。新建材に覆われたマンション空間に、無垢材や自然素材を使用し、調湿や空気清浄効果をプラス。既存のSRCの梁型を隠すよう、木仕上げを施し、収納も木質化した。県産の耳納杉を使用している。

 同組合は今年3月に、経済産業省が選定する「がんばる中小企業・小規模事業者300社」としても、表彰されており、続けての受賞となった。「両賞とも地道な活動の積み重ねが評価されたもので、今後の事業推進の励みにしたい」と大里理事長。

syouzyou2

建設情報サイトはこちら>>
建設情報サイトでは建設業界に関する情報を一括閲覧できるようにしております。

 

関連記事