2024年05月27日( 月 )

中国の「2023都市商業魅力ランキング」が発表

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

成都 イメージ    「2023都市商業魅力ランキング」が5月30日、上海で発表された。評価対象となった中国大陸部の地級市(省と県の中間にある行政単位)以上の337都市のうち、「新一線都市」15都市だけを見ると、順位は上から順に成都、重慶、杭州、武漢、蘇州、西安、南京、長沙、天津、鄭州、東莞、青島、昆明、寧波、合肥となった。これにより成都は再びトップに返り咲いた。

 昨年と比べると、これまで急成長していた仏山に代わって昆明が再び新一線都市に名を連ねた。また二線都市の上位には瀋陽や無錫といったかつての新一線都市が名を連ねている。

 「2023都市商業魅力ランキング」の指標体系の5大項目は、商業資源集積度や都市のターミナル性、都市住民のアクティブ度、ライフスタイルの多様性、今後の可塑性となっている。ランキングの5大項目とサブ項目は、新一線都市研究所の専門家委員会が採点し、サブ項目からさらに細分化された項目の指標データは、主成分分析法が採用された。

 商業資源集積度は大手ブランドの人気度や都市の商業圏の実力、基礎商業のエネルギーレベルなどにスポットを当てている。都市のターミナル性は、都市間交通インフラやアクセス度、物流の円滑度、商業資源エリアセンター度指数から構成されている。都市の住民のアクティブ度指数は、消費や社会交流、ナイトタイムという3つの分野のアクティブ度を評価している。ライフスタイルの多様性は主に、外出フレッシュ度、消費の多様性、レクレーションの豊富度を評価している。今後の可塑性は、産業のイノベーションや人材呼び込み、消費のポテンシャル、都市の成長評価などを通して、都市の発展のポテンシャルを評価している。

2022年全国平均給与を発表

▼おすすめ記事
熊本23年地価公示、TSMC進出で「過去例を見ない現象」(前)

 全国の平均給与データが発表された後、各省・自治区・直轄市も2022年の平均給与データを続々と発表してきている。

 平均給与データには19業界の平均給与が含まれており、データからどの業界が「一番給与が高いのか」を見て取れる。5月30日現在、浙江省、吉林省、黒竜江省、四川省、重慶市、雲南省、広西壮(チワン)族自治区などの省・自治区・直轄市が22年平均給与データを発表している。

 全国のデータを見ると、都市部の非民間企業でも民間企業でも、社員の平均給与の水準が最も高かったのは情報伝送・ソフトウェア・情報技術(IT)サービス業だ。

 国家統計局のデータでは、都市部非民間企業のうち、IT業の平均年収が22万418元(1元は約430万円)に達した。都市部民間企業のIT業の平均年収は12万3,894元(約242万円)だった。

 全国のデータを見ると、都市部の非民間企業でも民間企業でも、金融業の平均給与水準がIT業に続く2位だった。

 平均給与の成長率は金融業が最高だった。同局のデータでは、都市部非民間企業と都市部民間企業の金融業の平均給与成長率はともに15.6%だった。

 金融業の平均給与の伸びは主に業界の構造調整、人員削減と労働効率の向上の影響によるものであり、実質的な給与の伸びを見ると、採鉱業の平均給与の成長率が最も高かった。


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
(株)アジア通信社
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:edit@chinanews.jp
URL:https://chinanews.jp

関連記事