2024年05月21日( 火 )

「孤独」の処方箋(後)―孤独を楽しむ間取りとは―(4)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 日本のサラリーマンは忙しすぎる。たとえば50代以上の「モーレツサラリーマン」であれば、仕事最優先、出世や昇進を目指してがむしゃらに働くなかで、社外のコミュニティ活動などになかなか時間が取れない。ここのところの「働き方改革」で突如暇ができても、いったい自分が何をやりたいのかわからないと戸惑う人も多い。「イクメン世代」の30代・40代の男性たちは、仕事も家事も頑張れとハッパをかけられ、自分の時間もままならない。本人は頑張っているつもりでも、妻にはダメ出しをされ、毎日家庭と仕事との板挟み…。男たちは結局、友人との時間、趣味の時間、自分の時間をあきらめざるを得なくなってしまう。自分の人生なのに借りもののように生きた結果、周囲との関係性を深めることができない。孤独に陥りやすい男性、その原因を推考し、全方位から対症方法を考えてみたい。

孤独を楽しむ間取り

 ハードからの改善アプローチは限られてくるが、それでもいくらかは貢献できるはずだ。前述の「1人ドライブ」はおススメだが、「大人時間の創出」「リラックス空間」など、空間的な“開かれた孤立”の提案を、日常の生活風景のなか(間取り図)から取り出してみたい。ある一人暮らしの部屋。単身者向けに“孤”を楽しむ生活を、積極的に採用してみた。1人だから叶えられる開放性、独り占めできる醍醐味を感じてもらえるだろうか。どれが正解ということはない。何事も、身の丈に合ったものを選べばいいのだ。

『孤独の間取り ~大人時間を大事にする~』

①広い土間に、「自転車」「キャリーケース」「キャンプギア」など、室内に上げられないものをラフに置く。タフに使い回せる土間空間。
②靴の収納棚。もちろん良いものをそろえ、毎日使う。実用的なコレクション棚。
③ホールで外のほこりを一切振り落とす。コートもここで脱いでハンガーへ。
④「つくる」「食べる」「遊ぶ」はすべて同時に。大胆に!
⑤カウンターで「自宅立ち飲み」もOK。お酒は料理しながらいただきます。
⑥大きなテーブルを独占。何をするにもこの広さが便利。
⑦デスク廻りはスッキリと。壁面収納棚には書籍やお酒、フィギュアのディスプレイ。趣味のアイテムやこだわりのコレクションを見せる。
⑧気まぐれの愛ネコとの同居は、癒しのひととき。お互いにつかず、離れずが、楽。
⑨広い寝室はダブルベッドを独り占め。“無”になるリラックス空間。
⑩広めのウォークインクローゼット。洋服はたくさん掛けて、オールシーズンのファッションをいつでもスタンバイ。
⑪1人を楽しむバスタイム。周りに気兼ねなく、窓も外へではなく、“内空間に開く”。裸で動き回るもよし。
⑫トイレも、洗顔も、メイクも、身だしなみも、美容管理のスペースは広々確保を。

(了)


松岡 秀樹 氏<プロフィール>
松岡 秀樹
(まつおか・ひでき)
インテリアデザイナー/ディレクター
1978年、山口県生まれ。大学の建築学科を卒業後、店舗設計・商品開発・ブランディングを通して商業デザインを学ぶ。大手内装設計施工会社で全国の商業施設の店舗デザインを手がけ、現在は住空間デザインを中心に福岡市で活動中。メインテーマは「教育」「デザイン」「ビジネス」。21年12月には丹青社が主催する「次世代アイデアコンテスト2021」で最優秀賞を受賞した。

(3)

月刊誌 I・Bまちづくりに記事を書きませんか?

福岡のまちに関すること、再開発に関すること、建設・不動産業界に関することなどをテーマにオリジナル記事を執筆いただける方を募集しております。

記事の内容は、インタビュー、エリア紹介、業界の課題、統計情報の分析などです。詳しくは掲載実績をご参照ください。

企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。報酬は1記事1万円程度から。現在、業界に身を置いている方や趣味で再開発に興味がある方なども大歓迎です。

ご応募いただける場合は、こちらまで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。(返信にお時間いただく可能性がございます)

関連記事