HOME > 政治・社会

政治・社会

2015年08月12日 07:07

不戦と平和への祈りを込めた、ビルマ慰霊の旅を続ける(後)

  (株)小笠原  2015年8月15日は、第二次世界大戦の終戦からちょうど70年目。現在、我が国では集団的自衛権の行使の限定容認などの安全保障関連法案をめぐり、政治が揺れ...

2015年08月11日 16:41

「見切り発車の川内原発再稼働を憂慮」原子力市民委員会が声明

  川内原発  九州電力が8月11日、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働のため、制御棒引き抜きを開始したのを受けて、原子力市民委員会(吉岡斉座長)は、「問...

2015年08月11日 09:47

不戦と平和への祈りを込めた、ビルマ慰霊の旅を続ける(前)

  (株)小笠原  2015年8月15日は、第二次世界大戦の終戦からちょうど70年目。現在、我が国では集団的自衛権の行使の限定容認などの安全保障関連法案をめぐり、政治が揺れ...

市民、女性、若者を覚醒させた採決強行!(4)

  法学館憲法研究所所長・弁護士 伊藤 真 氏 日本国憲法は徹底した恒久平和主義をとる  ――「平和」は簡単なようで難しい概念です。当シリーズでもさまざまな見...

2015年08月10日 14:16

新国立競技場第三者委で抜け落ちた議論

   7日、文部科学省で新国立競技場を検証する第三者委員会が開かれた。デタラメな競技場新築計画が明るみとなり、世論からの批判が噴出。過半数の国民が反対の声を上げるなか、安倍首相...

被爆者代表に糾弾された安倍首相

   NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、長崎で行われた平和記念式典で被曝者代表の語った「平和への誓い」について触れた、8月...

2015年08月10日 10:54

自ら「植民地」を志願する呆れた日本!

  施光恒著『英語化は愚民化』(集英社新書)  猛暑のなか連日、全国で「安全保障関連法案」反対のデモが市民、女性、学生によって展開されている。 その陰で、国民が油断している...

市民、女性、若者を覚醒させた採決強行!(3)

  法学館憲法研究所所長・弁護士 伊藤 真 氏 日本に真の「民主主義」を確立するチャンス  ――前回、結果的に安倍総理は日本の中で眠っていた「民主主義」の目を...

2015年08月07日 15:34

九電・川内原発再稼働を決めた無責任な3者

   九電・川内原子力発電所が11日にも再稼働する見通しとなった件について、福岡のニュースサイトHUNTERが、原発に関する国民の反対意見に耳を傾けることなく決定を下した原子力規制...

全面完全可視化なくして汚濁検察の浄化なし

   NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。本日は、日本の警察、検察に付与されている悪質な裁量権について糾弾する、8月4日のブログを紹...

市民、女性、若者を覚醒させた採決強行!(2)

  法学館憲法研究所所長・弁護士 伊藤 真 氏 自分たちが声を上げないと大変なことになる  ――先生は今回の一連の、市民、女性、若者の動きに、日本における「民...

2015年08月07日 07:03

戦後70年談話は「謝罪なし」「韓国軽視」の公算?!(後)

  米中アジアを重視、「未来が過去を規定する」  安倍首相による「戦後70年談話」は、8月10日以降15日までの間に発表される公算が強まった。談話の方向性について提言する首...

2015年08月06日 14:21

中洲の話題を2編

  1:クラブ暖家休業から廃業へ向かうのか 陽光ビル  地場財界の溜まり場である高級クラブ「フェニックス」が入居しているビルが「陽光ビル」である。このビルは築40...

市民、女性、若者を覚醒させた採決強行!(1)

  法学館憲法研究所所長・弁護士 伊藤 真 氏  安倍政権は7月16日、高まる世論の批判を押しきり、「戦争法案」と言われる「安全保障関連法案」を衆議院通過させた。参議...

2015年08月06日 12:00

戦後70年談話は「謝罪なし」「韓国軽視」の公算?!(中)

  米中アジアを重視、「未来が過去を規定する」  安倍首相による「戦後70年談話」は、8月10日以降15日までの間に発表される公算が強まった。談話の方向性について提言する首...

pagetop