HOME > 再生可能エネルギー

再生可能エネルギー

2018年03月19日 09:46

創エネのまち糸島~小水力発電所の実績紹介

水彩風景が印象的なパンフレット  糸島市・生活環境課は、「創エネルギーのまち・いとしま」を目指す同市の取り組みを、広く市内外の人に知ってもらうために、小水力発電所の...

2018年03月05日 09:01

小水力発電がつなぐ地域コミュニティの未来

(株)リバー・ヴィレッジ  九州大学工学研究院流域システム工学研究室を前身とする(株)リバー・ヴィレッジ。九州大学の卒業生を中心とする7人が、研究成果の実社会における活用...

2018年02月21日 16:44

山口・下関市に国内最大級のバイオマス発電所

 2022年に山口県下関市で、国内最大級の木質バイオマス発電所が運転を開始する。  九州電力(株)の完全子会社の九電みらいエナジー(株)(本社:福岡市中央区、穐山泰治代表)...

2018年01月09日 09:00

エネルギー収支を黒字にする住宅 ZEHの目的と制度(後)

ZEH普及には工夫が必要~課題はコスト まだまだ低い普及率  全国で1年間に着工する住宅の戸数は97万戸、うち56.4%を占める55万戸が木造住宅である(2016年度。経...

2018年01月08日 09:00

エネルギー収支を黒字にする住宅 ZEHの目的と制度(前)

 低炭素社会の実現が世界的な課題となっており、日本でも電気自動車の開発や省エネ技術の開発、普及促進など、さまざまな方法で“脱化石燃料”の動きが強まっている。2014年に閣議決...

2017年09月23日 07:03

北九州市議会に最年少議長誕生 ものづくりの潜在能力を生かすまちづくり(2)

北九州市議会議長 井上 秀作 氏  今年2月、北九州市議会議長に47歳の井上秀作氏が就任した。井上氏は東京でサラリーマンを経験し、元北九州市議会議長の父・勝二氏の秘書に就...

2017年08月17日 11:35

サウジアラビアの脱石油経済改革「ビジョン2030」と日本(後編)

 NetIB-Newsでは、「 未来トレンド分析シリーズ 」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一...

2017年05月19日 14:23

やめのでんき、事業開始 エネルギーの地産地消目指す

やめエネルギー(株) 本村 勇一郎 社長  18日、八女市市民会館「おりなす八女」で、やめエネルギー(株)が手がける電力供給サービス「やめのでんき」の事業開始式典が...

2017年05月08日 07:03

低炭素で楽しく暮らせるまちづくり~BONJONO(2)

 2017年、国土交通省が開催した「第1回先進的まちづくりシティコンペ」で、国土交通大臣賞を受賞した北九州市の「みんなの未来区BONJONO(ボン・ジョーノ)」。自衛隊分屯地...

2017年04月06日 14:52

バイオマス燃料100%の発電所を再エネの新たな選択肢に

 関西電力は5日、同社の相生発電所で100%バイオマスの燃料を使用した火力発電を開始するため、三菱商事と共同で新会社を立ち上げると発表した。相生発電所は1982年に操業を開始した...

2017年03月17日 16:16

2017年度のZEH支援方針がまとまる

 経済産業省・資源エネルギー庁は13日に発表した2017年(平成29年)度の『住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業)...

2017年01月01日 12:01

二重の制度ミスが招く再エネ100%への遠い道(1)

認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP) 所長 飯田 哲也 氏  経済産業省は原発がらみの新しい制度を次々と打ち出しており、2017年は再生可能エネルギーに...

2016年12月31日 07:02

八女市をハッピーに!太陽光でエネルギーの地産地消目指す(後)~(株)アズマ

オール八女で実現を誓う (株)アズマ 中島 一嘉 社長  中島社長は、同社の考えに賛同する八女市内の企業7社の共同出資により、2017年1月、電力小売企業を立ち上...

2016年12月19日 14:01

エネルギー地産地消を目指す

エネルギーを通じた理想の世の中づくり  福岡県八女市に本社を構える(株)アズマの中島一嘉社長の夢は壮大だ。1978年、ソーラーのアズマとして創業して以来、屋根上のスペシャリ...

日本の目指すべきエネルギー開発の道・なぜベトナムは日本の原発を拒否したのか

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  今や日本のODAの最大の受入れ国はベトナムとなっている。実現していないが、新幹線の輸出計画もあった。この新幹線の輸出計画は棚上げされたまま...

pagetop