HOME > 大さんのシニアリポート

大さんのシニアリポート

2019年10月17日 09:00

「減薬・偽薬」のススメ(後)

  「偽薬」というものがあることを、2019年10月3日朝日新聞「ひと」欄で初めて知った。文字通り「嘘の薬」である。見かけは直径8ミリの白い錠剤だが、薬効成分は入っていない。。「偽薬」...

2019年10月16日 09:30

「減薬・偽薬」のススメ(前)

  薬を飲むことが常態化すると、何のために薬を飲むのかを失念してしまう高齢者が多い。運営する「サロン幸福亭ぐるり」(以下「ぐるり」)の常連も例外ではない。「先生が出してくれるから飲んで...

2019年09月18日 07:00

雅楽を生で聴いた人、いますか?(後)

  実質的な主(ぬし)でなくなるということは、カネが使えなくなるということだ。オーケストラ(雅楽)やバレエ団(久米舞などの舞手、舞人)を維持するには、いまだって大金を要する。昔もそうだ...

2019年09月17日 10:11

雅楽を生で聴いた人、いますか?(前)

   芝祐靖(しばすけやす)という名前をご存じの方はかなりの日本伝統音楽、それも雅楽に通じている方とお見受けしたい。運営する「サロン幸福亭ぐるり」(以下「ぐるり」)の常連に、「雅楽を聴...

2019年08月20日 09:30

人間に死を選ぶ自由は存在しないのだろうか(後)

  日本では安楽死も尊厳死も法制化されていない。安楽死が認められている国は、オランダ、スイス、ベルギー、ルクセンブルグ、アメリカ(ニューメキシコ、カリフォルニア、ワシントン、モンタナ、...

2019年08月19日 13:00

人間に死を選ぶ自由は存在しないのだろうか(前)

  NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」(2019年6月2日放送)を見た。ある女性が全身の身体の機能が奪われる「多系統萎縮症」という回復の見込みのない難病と宣告され、家族と相談のう...

2019年07月18日 10:29

「第4回『サロン幸福亭ぐるり』講演会」(後)

  桜井政成(立命館大学政策科学部教授)さんの講演の後、第2部として私と桜井教授との対談に入る。テーマは「今、地域で起きていること」。拙著『親を棄てる子どもたち~新しい「姨捨山」のかた...

2019年06月17日 17:23

「第4回 『サロン幸福亭ぐるり』講演会」(前)

  6月8日(土曜)、地域にある公民館の多目的ホールで、「第4回『サロン幸福亭ぐるり』講演会」を開催した。講師は桜井政成(立命館大学政策科学部教授)さん。専門は「組織社会学」「福祉社会...

2019年05月19日 07:05

私的リーダー論(後)

  大さんのシニアリポート第78回 各部署は担当者に任せ、責任の範囲を明確に線引きする 大人気のカラオケ  スタッフの「やる気」を引き出す...

2019年05月18日 07:05

私的リーダー論(中)

  大さんのシニアリポート第78回 組織(この場合は「ぐるり」)の存在と、来亭者の数を増やすためには、「ぐるり」の品目(運営の内容)を地域に知ってもらうことが肝要 ...

2019年05月17日 13:06

私的リーダー論(前)

  大さんのシニアリポート第78回 「サロン幸福亭ぐるり」  リーダー論といっても、啓蒙書や啓発書に出てくるリーダー像ではなく、あくまで私が個人的に...

2019年03月19日 07:05

コミュニティ活動に求められるそれぞれの『覚悟』(後)

  大さんのシニアリポート第77回  桜井教授が香川さんを「強く、それでいてしなやかさ、したたかさを身につけている女性」と評したのは、「自分に自信のない人間は、ヘルプすら出...

2019年03月18日 16:54

コミュニティ活動に求められるそれぞれの『覚悟』(前)

  大さんのシニアリポート第77回  拙著『親を棄てる子どもたち 新しい「姨棄山」のかたちを求めて』(平凡社新書)の書評が朝日新聞(平成31年3月9日)書評欄で紹介され、少...

2019年02月20日 07:03

『親を棄てる子どもたち ―新しい「姨棄山」のかたちを求めて』の意味するところ(後)

  大さんのシニアリポート第76回 子ども食堂のある日のメニュー  桜井政成(立命館大学政策科学部教授 副学部長・博士)は、「江戸時代以降の伝説のい...

2019年02月19日 11:28

『親を棄てる子どもたち ―新しい「姨棄山」のかたちを求めて』の意味するところ(前)

  大さんのシニアリポート第76回 『親を棄てる子どもたち 新しい「姥捨山」のかたちを求めて』(平凡社新書)をようやく上梓することができた。書き始めてから2年を要した...

pagetop