• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月28日 10:11

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第4章・老夫婦の壮絶な癌との闘い(4)

自宅での成仏は「無理」~〝オヤジ″久人をあらためて尊敬

 前回紹介の「勘違いのラブレター」を公開してくれたのが長男・清彦(仮名)である。

 清彦が〝オヤジ″と母について振り返る。

 (1)オヤジは家族のために一心不乱に働き、稼いできてくれた。帰宅は連日夜11時ごろ。オヤジのおかげで自分と弟は2人とも大学に通え、卒業できた。

 オヤジは無骨といえば、それまでだが、台所回りの手伝いなどもしていた。寡黙だったが、子どもに注いでくれた細やかな愛情には感謝の気持ちしかない。

 (2)母・由紀(仮名)は積極的にPTAに参加し、我が子の動きにいつも関心を払ってくれた。「教育ママ」にありがちな「ああしろ、こうしろ」というような干渉はせず、自主性を重んじてくれた。

 私の将来に関しても「あなたがやりたい道を選択しなさい」という立場を貫いてくれた。私たち兄弟の前では夫婦喧嘩もめったにしなかった。円満な家庭で育ててくれ、とても感謝している。

 清彦は弔問者への挨拶文に目を通した際、「これはラブレターだ」と声をあげてしまった。これほどまでに秘めた愛情を公にする「オヤジ・久人」をあらためて尊敬したそうだ。だが悔いもあるという。両親への最後の恩返しが「冥途への送り出し」なのだが、経済力および諸般の事情で、満足なかたちでできなかったというのである。

 「勘違いのラブレター」についての経緯を少し補足する。夫・久人は「自分より先に妻・由紀が先に逝くだろう」と考えた。「もし、そうなると葬儀で挨拶をする必要がある。しかし、自分は肺の病気で発声が困難なため、弔問客への挨拶は、息子に代読させるしかない」と思い、挨拶文を清彦に託したのである。

 「内容を見たのですが、芯の強さ、ぶれない自我などすばらしい妻(母)だったことがラブレターのように書き記されていました。ただ、1人残された母が今、どんな気持ちになっているのかと思うと心配です」と清彦は語る。

経済負担が発生していたら、「わが家庭」も破綻

 長年にわって親の介護に明け暮れた息子・清彦に現在の心境を聞いた。清彦からは「大変だったが、何も考えず、やるべきことを自然にやってきた。子どもとして当然の行為だと思っている」というシンプルな答えが返ってきた。

 筆者は先だって「親を棄てる子どもたち」(平凡社新書)に書かれてあった「親への思いは希薄を通り越してもはや“無”に近い」というくだりを読んだばかりだったので複雑な思いがした。

 清彦との質疑を以下に要約する。

 清彦 介護という言葉にはちょっと違和感がある。自分は介助と思っている。特別に介護をしているのではなく、親の手助けをくらいに捉えており、負担には思っていない。

 ただ、金銭的な負担を自分がしなくてはいけないのであれば違ってくるかもしれない。母親が現在入所している施設は、月に40万円位の費用がかかる。その費用を自分が負担するのであれば、生活もあるし難しくなる。もし、金銭面の負担が発生するのであれば、我が家は破産することになる。その面では非常に助かった。

 妻の方も実家の両親の世話で大変である。週に2回、サポートに帰っている。公的介護ですべてを解決することはできないからだ。

 自分は両親2人とも癌なので、当然「癌の魔の手」から逃れられないだろうし、その覚悟はある。60代で発病するのか70代で発病するのかはわからないが、もし発病しても自然体で臨むつもりだ。

介護してくれる家族は稀有

 久人・由紀夫婦の場合、それなりの資産があり、子どもたちにしっかりとした教育を行ってきた。だから子どもたちは親の最後を看取ってくれる。東京にいない次男も都合をつけて介護のために帰省してくれている。最近では両親の最終局面での面倒を見てくれる子どもは稀有になってきた。そういう意味ではハッピーである。

 だが最期は悲惨な一面も垣間見た。「隔離病棟」の選択は久人の寿命を縮めた。初期段階から老人ホームに入居できていたならば、落ち着いて逝去できる。ここに大きな矛盾が発生する。

 手術を繰り返す病人たちにとって、落ち着いた「最後の住まい」の確保は至難の業で、病院を転々とし、最期は「隔離病棟」に叩き込まれることとなる。

 政府は「住み慣れた地域で人生の最期を迎える」地域包括ケアを推進しているが、現実的には無理な話で、レポートしてきたように、家族の介護負担は相当なものである。現代社会では子どもと別居している親が主流。「一体、どこの家で成仏しろ」というのか

(つづく)
【青木 悦子】

※登場人物は全て仮名です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月08日 16:38

シリーズ・コロナに潰されるNEW!

 コロナウイルスの終焉がいつになるかによって変わってくるが、ある経済団体での討議のなかで「中洲の正常化が3カ月後の6月末であれば、まだ未練がある」という発言があった。...

2020年04月08日 15:30

アネーラ税理士法人が横浜事務所を設立NEW!

 アネーラ税理士法人(福岡市中央区)と河村会計事務所(神奈川県横浜市)は4月1日付で経営統合し、アネーラ税理士法人横浜事務所を設立した...

2020年04月08日 15:18

(株)アキラ水産が持株会社制に移行~(株)アキラホールディングスにNEW!

 (株)アキラ水産(福岡市中央区)は1月24日に(株)アキラホールディングスを設立し、持株会社制に移行した...

2020年04月08日 14:35

かたはらいたしの御用芸人政権擁護発言NEW!

 全世帯に布製マスク2枚を郵送で配布する。マスクが不足しているのは事実だが、マスクを保持している人もいる。布製マスクはサージカルマスクと比べれば性能が落ちる...

2020年04月08日 14:09

産業廃棄物を自社敷地内に不法投棄~神奈川県の建設会社に営業停止処分NEW!

 神奈川県は3月23日、土木一式工事などを手がける(株)立川建設(神奈川県相模原市、西埜進代表)に対し、営業停止7日間の処分を下した...

2020年04月08日 13:11

井筒屋、緊急事態宣言を受けて一部休業NEW!

 福岡県に緊急事態宣言が発令されたことを受け、北九州地区で百貨店を運営する(株)井筒屋は8日、小倉店と黒崎店のショップの一部休業を発表した。今回の判断は各ショップによ...

2020年04月08日 12:30

民間再開発ラッシュ、名古屋・栄はどう変貌するのか?(前)NEW!

 名古屋市中区にある栄地区(約9.4km)は、松坂屋、三越などの百貨店や、パルコなどのショッピング施設のほか、ルイ・ヴィトンなどの海外高級ブランド店などが集まる。中央...

2020年04月08日 12:08

スペワ跡地に賑わい取り戻せるか アウトレット&新科学館が22年開業(後)NEW!

 「またいつか、別の星で、会いましょう。」――スペースワールドは17年12月31日をもって、市民を始めとした多くのファンに惜しまれつつも閉園を迎えた...

2020年04月08日 11:55

社内コミュニケーションを向上させ、ボトムアップでより良い決定ができる会社に(前)NEW!

 (株)ニシケンの新社長に2020年1月、田中誠一氏が就任した。金融業界出身の田中社長は、他社に自社の資産を貸すという点において建機レンタル業界との類似性を感じるとと...

2020年04月08日 11:39

【追報】石村萬盛堂前社長・石村善悟さん死去NEW!

 (株)石村萬盛堂の前社長・石村善悟氏が4月8日、福岡市内の病院で死去した。71歳。石村氏は東京大学卒業後、1971年に同社入社。専務取締役を経て79年に3代目社長に...

pagetop