2022年05月25日( 水 )
by データ・マックス

【ラスト50kmの攻防(19)】“板挟み”の武雄市と嬉野市でフル規格推進の県民会議

JR九州は危機感あらわ

長崎ルートフル規格推進の県民会議(仮称)設立を申し合わせた武雄市と嬉野市の経済7団体の発起人会=武雄市武雄町の武雄商工会議所
長崎ルートフル規格推進の県民会議(仮称)設立を申し合わせた
武雄市と嬉野市の経済7団体の発起人会
=武雄市武雄町の武雄商工会議所

  佐賀県武雄市と嬉野市の経済関連7団体の役員が25日、武雄市の武雄商工会議所に集まり、民間の立場から九州新幹線長崎ルートのフル規格建設を求める「県民会議」(仮称)の設立を申し合わせた。同県内外から会員を募り、3月中旬までをメドに設立総会を開き、正式に旗揚げする。

 長崎ルートは武雄温泉―長崎間が2022年秋の開業見通しになる半面、営業中の鹿児島ルートと接続する新鳥栖―武雄温泉間は国交省と佐賀県が整備方式をめぐって“幅広く”協議中。着工の前提になる環境アセスメント実施のメドも立っていない。

 武雄温泉―長崎間の開業後、武雄温泉のホームで在来特急と新幹線を乗り継ぐリレー方式を採用。現在、長崎線肥前山口―武雄温泉間の佐世保線複線化工事も進む。リレー方式が長引けば、短距離区間で新幹線を営業するJR九州の赤字は必至だ。同社の青柳俊彦社長は「新鳥栖―武雄温泉間の整備方式がどうなるか不安なまま、新幹線を開業するのは無責任。開業すべきでない」と危機感をあらわにする。

 一方で、佐賀県の山口祥義知事は「フリーゲージトレイン(FGT)も選択肢に残っている」と述べ、国交省やJR九州などとの確執は深まる。武雄温泉駅と嬉野温泉駅が開業する武雄市と嬉野市は文字通り“板挟み状態”だ。

連携模索する「県民会議」

複線化工事が進むJR佐世保線肥前山口―武雄温泉間。新幹線開業後、在来特急『かもめ』はここを走る(車窓から撮影)
複線化工事が進むJR佐世保線肥前山口―武雄温泉間。
新幹線開業後、在来特急『かもめ』はここを走る
(車窓から撮影)

 打開策を探る両市の商工、観光、旅館関連の7団体が、全県にフル規格推進を呼びかける民間組織「県民会議」の結成を計画。発起人会を開き、会長に小原健史・嬉野市商工会長、副会長に溝上邦治・武雄商工会議所会頭と山口康雄・武雄市商工会長が就いた。事務局は嬉野市商工会に置く。年会費1,000円を払えば、誰もが原則入会できる。

 当面は、新幹線開業後に並行在来線になる長崎線肥前山口―諫早間への観光列車投入、3セク鉄道「松浦鉄道」のJR武雄温泉駅乗り入れ、JR筑肥線高速化といった運動を関係地域の民間団体に呼びかけて組織を拡大。併せて、2つの新幹線駅開業の波及効果をPRする。

 同県民会議は、佐賀県の地方議員でつくる「フル規格促進議員の会」と長崎県の経済人も入った「肥前の殖産を実現する会」とも連携しながら活動するという。

 長崎ルートなど整備新幹線3線は、北陸・金沢―敦賀間の開業延期と工事費急増の“北陸ショック”が直撃。敦賀―新大阪間や新鳥栖―武雄温泉間など新規着工区間の新たな財源スキームは見通せていない。

【南里 秀之】

▼関連リンク
【ラスト50kmの攻防(1)】長崎新幹線〈新鳥栖―武雄温泉〉の周辺を探る
【ラスト50kmの攻防(2)】〈長崎ルート〉は停滞、描けないまちづくり
【ラスト50kmの攻防(3)】国は「決められないなら後回し」 佐賀県と溝
【ラスト50kmの攻防(4)】「武雄温泉-長崎」開業は22年度 焦り隠せぬ検討委
【ラスト50kmの攻防(5)】六者合意の「終着」点見えず FGT導入でも溝
【ラスト50kmの攻防(6)】活発化する長崎県の動き 佐賀県知事は「不快」感あらわ
【ラスト50kmの攻防(7)】佐賀県議会・新幹線対策特別委始まる 国交省鉄道局次長などを参考人招致
【ラスト50kmの攻防(8)】「これ以上はFGT開発に予算と時間を割けない」 FGT断念、国交省ひたすら陳謝
【ラスト50kmの攻防(9)】国体は良くて、「新幹線はダメ」の根拠は? 「佐賀国体」会場に540億円
【ラスト50kmの攻防(10)】新旧知事の”判断”  山口知事は地域の〈光と影〉を懸念
【ラスト50kmの攻防(11)】〈広報〉と〈情報公開〉 突然“消えた”データ
【ラスト50kmの攻防(12)】武雄温泉―長崎が22年秋開業 整備議論に「総選挙」も影響
【ラスト50kmの攻防(13)】不十分な「採算性」論議 特急『みどり』『ハウステンボス』の行方は
【ラスト50kmの攻防(14)】フル規格開業のメリットは長崎県、費用負担は佐賀県 予算編成“終着駅”はどこに
【ラスト50kmの攻防(15)】長崎ルート全線開業の機運加速 両県関係者が意見交換会
【ラスト50kmの攻防(16)】並行在来線の協議は経営分離前提にせず JR九州
【ラスト50kmの攻防(17)】膨らむ建設費 財源をめぐる綱引き
【ラスト50kmの攻防(18)】国費増の壁を崩さず

(18)
(20)

関連記事