2022年05月28日( 土 )
by データ・マックス

ゴールデンウィーク中によく読まれていた記事 まとめ

 今回は、ゴールデンウィーク(4月29日~5月8日)の間によく読まれていた記事を、人気順にまとめました。
※リード文は初掲載時のもの。

▼【再開発】人気の住宅地・姪浜ができるまで

[2022年5月6日]

 福岡市西区の姪浜駅周辺地区は、古来より長崎・唐津を結ぶ唐津街道の重要拠点としての役割をはたしてきた。だが、高度経済成長と人口増によって市街地が無秩序化しつつあったことから、区画整理事業が急がれ、現在は区役所などを擁する西区の中心部としての地位を築いている...


▼過去の事例に見る JT工場跡の再開発

[2022年5月2日]

 JT九州工場が2022年3月末で閉鎖された。閉鎖後は関係者らによる整理活動が行われており、工場跡地の活用方法については未公開(22年4月13日現在)となっている。これまで全国で複数のJT工場が閉鎖されたが、主な跡地の活用実績について見てみよう...


▼春吉橋迂回路橋活用、設計を日本設計と長大が担当へ

[2022年5月6日]

 福岡市は、公募していた「春吉橋迂回路橋設計等業務委託」の結果を公表した。最優秀提案者に選定されたのは、(株)日本設計・九州支社を代表企業とするJVで、共同提案者は(株)長大・福岡支社...


▼【福岡・ベイエリア】きっかけ次第では“化ける”か(前)

[2022年4月28日]

 3月15日、パーク・ツーリズムをテーマにした滞在型レクリエーション拠点として、国営海の中道海浜公園内の「光と風の広場」がリニューアルオープンした...


▼【福岡大学の変貌(1)】「福大はつまらなくなった」

[2022年4月18日]

 以下はここ30年の福岡大学(以下、福大)の変貌についての考察である。
 まずは、私が直接インタビューした元福大教授の回想...


▼【再開発】人気の住宅地・姪浜ができるまで

[2022年5月6日]

 福岡市西区の姪浜駅周辺地区は、古来より長崎・唐津を結ぶ唐津街道の重要拠点としての役割をはたしてきた。だが、高度経済成長と人口増によって市街地が無秩序化しつつあったことから、区画整理事業が急がれ、現在は区役所などを擁する西区の中心部としての地位を築いている...


▼「生娘シャブ漬け」発言の吉野家常務の輝かしい履歴(前)

[2022年5月2日]

 「後悔先に立たず」。やってしまったことを後で悔いても、もう取り返しがつかないという意味である。牛丼チェーン吉野家の元常務取締役・伊東正明氏の不適切発言が“大炎上”。調子に乗りすぎて「敏腕マーケター」としての輝かしい人生を棒に振ってしまった伊東氏の発言の「火消し」に吉野家は追われることとなった...


▼22年地価公示は「ららぽーと効果」顕著に(後)

[2022年4月28日]

 3月22日、国土交通省は2022年の地価公示を発表した。1月1日時点の公示地価は、全国平均で住宅地・商業地ともに2年ぶりの上昇となった。三大都市圏は住宅地で東京圏、名古屋圏、大阪圏がいずれも上昇。商業地は東京圏、名古屋圏が上昇、大阪圏が横ばいとなった...


▼【懺悔録・外伝】藤堂信太郎氏が「熊楠家」オープンか 祝花に並ぶ2つの名前にザワつく中洲住民

[2022年4月28日]

 コロナ禍が直撃していた中洲も、徐々に人が戻り始めている。逞(たくま)しい自由人たちが集う解放区・中洲にまた1つ、新しい店がオープンした。
 中洲2丁目「新橋ビル」1階、国体通り沿いにオープンしたのが、博多にらそば「熊楠家」(くまぐすや)だ。熊楠家はかつて、藤堂信太郎氏が東京・新宿と中洲で運営していた店舗と同名だという...


▼かしいかえん跡は何ができる?跡地利用考察(前)

[2022年2月28日]

 2021年12月30日、福岡市東区にあった市内唯一の遊園地「かしいかえん シルバニアガーデン」(以下、香椎花園)が惜しまれつつも閉園を迎えた。1956年4月に「西鉄香椎花園」として開園してから、65年の歴史に幕を下ろしたかたちだ...

関連キーワード

関連記事