2024年05月27日( 月 )

泉房穂明石元市長、横田一氏の番組で「救民内閣」構想を語る

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 2011年5月から23年4月まで4期にわたって兵庫県明石市の市長を務めた泉房穂氏は、「子育てしやすいまちづくり」に取り組み、「医療費は18歳まで全員無料」「保育料は第2子以降全員無料」などを実行し、全国から注目され、同市は10年連続で人口が増加した。

 泉氏は、市長退任後、東京都立川市、埼玉県所沢市の市長選で当選した「非自民」候補を応援し、X(旧・Twitter)での投稿や、民放各局の情報番組に出演するなど東奔西走の活躍をしているが、次期衆院選に向けて、国民を救う政治へと転換する既存政党の垣根を越えた「救民内閣」の構想を訴えている。


デモクラシータイムスの動画【横田一の現場直撃 No.253】

 泉氏は、リベラル系のインターネットメディアである「デモクラシータイムス」の看板番組「横田一の現場直撃」に出演し、「選挙は中間層がひっくり返れば変わる」と述べたうえで、「国民負担増をしないで国民に安心のメッセージを出すことが重要」と語った。

 泉氏は、番組において、ジャーナリストの横田一氏と、弁護士で番組MCの升味佐江子氏の3人で1時間25分にわたり、野党系候補が勝利した前橋市長選挙や高市早苗・経済安全保障担当大臣の大阪万博延期発言、「政治とカネ」の問題、「救民政権」構想などを語りつくしている。デモクラシータイムスの他の動画も、合わせてご覧いただきたい。

【近藤 将勝】

政治・行政記者募集

 企業調査会社(株)データ・マックスが手がける経営情報誌『I・B』やニュースサイト「NetIB-News」は、信頼性の高い情報ソースとして多くの経営者にご活用いただいています。メディアとしてさまざまな情報を取り扱っており、国内外や地元福岡の政治動向に関する情報は経営者以外にも自治体組長や国会議員、地方議員などに幅広く読まれています。

 そこで、さらなる記事の質の向上を目的に、福岡の政治・行政、また中央政界の動向などをテーマにオリジナル記事を執筆いただける政治・行政記者を募集しております。

 記事の内容は、インタビュー、政局や選挙などを中心に扱います。詳しくは掲載実績をご参照ください。

 企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。現在、業界に身を置いている方や行政取材に興味がある方なども大歓迎です。

 ご応募いただける場合は、こちら(hensyu@data-max.co.jp)まで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点などがございましたらお気軽にお問い合わせください(返信にお時間いただく可能性がございます)。

関連記事