2022年01月25日( 火 )
by データ・マックス

 2月28日、経済情報誌『I・B』を発行する(株)データ・マックスでは、建設・不動産需要の高まりを受け、九州の建設・不動産業界に焦点を当てた情報誌『I・Bまちづくり』を創刊いたします。

 九州で注目の再開発や熊本の復興状況、地方の魅力あるエリア、注目サービスや注目企業を取り上げてまいります。こちらでは、掲載記事の一部を公開いたします。

■媒体概要
名称:『I・Bまちづくり』
形態:A4版/オールカラー
発刊:偶数月(下旬発刊)
発行:5,000部

熊本復興戦略|まちづくりvol.20

江東区新砂エリア 工場集積地が市街地へ(後)
江東区新砂エリア 工場集積地が市街地へ(後)
江東区の再開発が熱い。豊洲、有明、青海などのウォーターフロント地区では、東京五輪を控え、五輪施設の建設とともに、レジデン…
江東区新砂エリア 工場集積地が市街地へ(前)
江東区新砂エリア 工場集積地が市街地へ(前)
江東区の再開発が熱い。豊洲、有明、青海などのウォーターフロント地区では、東京五輪を控え、五輪施設の建設とともに、レジデン…
リノベとSDGsで再生~小倉・魚町銀天街
リノベとSDGsで再生~小倉・魚町銀天街
魚町銀天街創造する街への転換「第3回ジャパンSDGsアワード」内閣総理大臣賞を受賞の様子軒を連ねる商店と、それを覆う屋根…
最下位スタートからの優勝でJ2昇格 ホームタウン活動に見る地域活性化
最下位スタートからの優勝でJ2昇格 ホームタウン活動に見る地域活性化
(株)ギラヴァンツ北九州2019シーズンでは、前年のリーグ最下位クラブが優勝するというJリーグ史上初の快挙を成し遂げてJ…
小倉駅前では再開発も 商業オフィス住居の複合施設
小倉駅前では再開発も 商業オフィス住居の複合施設
小倉駅周辺エリアでは、既存の観光資源や商業施設に加え、市街地の再開発によって賑わいが増している。誘客力を更新し続ける同エ…
北九州発・秘密基地から始まるソーシャル・イノベーション(後)
北九州発・秘密基地から始まるソーシャル・イノベーション(後)
コワーキングスペース秘密基地代表岡秀樹氏フィールド・フロー(株)代表取締役渋谷健氏北九州中心部の小倉・京町にある「コワー…
おもてなし規格認証制度
北九州で「東アジア文化都市2020」文化・芸術の“創造力”生かす
北九州で「東アジア文化都市2020」文化・芸術の“創造力”生かす
東アジア域内の相互理解や連帯感の形成促進を、文化・芸術を通じて目指す「東アジア文化都市」。開催都市は、日中韓の3カ国それ…
北九州発・秘密基地から始まるソーシャル・イノベーション(前)
北九州発・秘密基地から始まるソーシャル・イノベーション(前)
コワーキングスペース秘密基地代表岡秀樹氏フィールド・フロー(株)代表取締役渋谷健氏北九州中心部の小倉・京町にある「コワー…
おもてなし規格認証制度
“コストコ効果”の勢いに乗り、みんながわくわくする御船町へ
“コストコ効果”の勢いに乗り、みんながわくわくする御船町へ
御船町長藤木正幸氏熊本県のほぼ中央に位置し、古くから熊本・上益城地方の政治・経済・文化の中心地であった御船町。現在も町内…
民法改正が企業取引におよぼす影響
民法改正が企業取引におよぼす影響
岡本綜合法律事務所代表岡本成史氏約120年ぶりになる民法の債権関係に関する規定の大改正が、2020年4月1日から施行され…
大型プロジェクトで存在感を発揮 地場有数の設備工事業者
大型プロジェクトで存在感を発揮 地場有数の設備工事業者
(株)曙設備工業所地場のマンション建設支える設計施工からメンテナンスまで、設備工事のワンストップサービスを実践している(…
副都心形成へ 生まれ変わる熊本駅周辺エリア
副都心形成へ 生まれ変わる熊本駅周辺エリア
熊本の新たなシンボルに「熊本駅ビル」イメージ九州旅客鉄道(株)(以下、JR九州)が、熊本駅周辺での開発を促進させている。…
“地域の守り手”として 市民の安全・安心のために
“地域の守り手”として 市民の安全・安心のために
(一社)熊本都市建設業協会熊本県建設業協会熊本支部熊本市内一円で活動(一社)熊本都市建設業協会会長川口賢寛氏日本全国で、…
中核担う先進拠点「サクラマチオフィス」を開設
中核担う先進拠点「サクラマチオフィス」を開設
(株)LibWork最先端の技術を取り入れた近未来型オフィスインターネット集客を特色とした戸建事業を展開し、2015年8…
渋滞政令市ワースト 熊本市に都市高速は必要か?
渋滞政令市ワースト 熊本市に都市高速は必要か?
国土交通省、熊本県、熊本市などは2018年6月、「熊本都市道路ネットワーク検討会」を設置した。全国の政令市ワースト(三大…
本当に20年で終わるのか?熊本城の復旧工事(後)
本当に20年で終わるのか?熊本城の復旧工事(後)
課題の見学通路は20年間「仮設」へ特別見学道路工事日曜日・祝日限定とはいえ、「復旧工事中の熊本城を見学できる」という取り…
復興のシンボルとなる賑わい拠点「SAKURA MACHI Kumamoto」(後)
復興のシンボルとなる賑わい拠点「SAKURA MACHI Kumamoto」(後)
地震で開発が一時中断するも防災機能の大幅強化にこうした多彩な機能を備えるサクラマチクマモトだが、同地にはもともと、バスタ…
本当に20年で終わるのか?熊本城の復旧工事(前)
本当に20年で終わるのか?熊本城の復旧工事(前)
2019年10月、熊本地震で被災した熊本城の大天守の外観復旧が完了し、一般への特別公開が始まった。日曜日、祝日のみの公開…
同時並行で進める復興戦略 「生活再建」と「新しいまちづくり」(後)
同時並行で進める復興戦略 「生活再建」と「新しいまちづくり」(後)
熊本市長大西一史氏自動車と公共交通のベストミックス必要――交通インフラについて、どうお考えですか。大西熊本市の道路行政は…
東京オリンピック・パラリンピック
復興のシンボルとなる賑わい拠点「SAKURA MACHI Kumamoto」(前)
復興のシンボルとなる賑わい拠点「SAKURA MACHI Kumamoto」(前)
開業日には多くの人々が詰めかけた10日間で100万人来場、中心市街地の活性化に寄与2019年9月14日、熊本地震からの復…
  • 1
  • 2