2022年08月18日( 木 )
by データ・マックス

ウッドショック

 注目のウッドショック関連ニュース一覧。
「MAX WORLD Channel(マックスワールドチャンネル)」7/31放映分~ウッドショック、日本ハウス
「MAX WORLD Channel(マックスワールドチャンネル)」7/31放映分~ウッドショック、日本ハウス
前半では昨年6月からのウッドショックの概要、後半ではコロナ禍以前から国産材にこだわった家づくりを行う日本ハウスホールディングスの取り組みと、実際に同社が施工した家を紹介する...
企業・経済 一般 動画ニュース MAX WORLD Channel
ウッドショック狂騒曲、住まいの本質問われる(後)
ウッドショック狂騒曲、住まいの本質問われる(後)
建築に携わる事業者を右往左往させるウッドショックは、マイホームの購入を考える消費者にとっても頭の痛い問題だ。しかし、これは国内林業について再考する機会ともいえる
CLT 工法 スーパーシティ候補地 北九州の歩み|まちづくりvol.37 バイオマス
ウッドショック狂騒曲、住まいの本質問われる(中)
ウッドショック狂騒曲、住まいの本質問われる(中)
久留米市を拠点に、ローコスト住宅を供給する久留米建設(株)が使用してきた木材は、ほぼすべて輸入木材だ。「以前は国産材のほうが輸入材よりも安価だったこともあり、国産材を使用していましたが...
スーパーシティ候補地 北九州の歩み|まちづくりvol.37 司建装
ウッドショック狂騒曲、住まいの本質問われる(前)
ウッドショック狂騒曲、住まいの本質問われる(前)
世界的な木材価格の高騰――いわゆる「ウッドショック」は、日本各地の工務店やハウスメーカーにとって悩みの種となっている。救世主として国産木材を担ぎ上げるも、日本における2020年の林業就業者数は6万人...
スーパーシティ候補地 北九州の歩み|まちづくりvol.37
ウッドショックで注目、国産材の現状と「九州モデル」
ウッドショックで注目、国産材の現状と「九州モデル」
ウッドショックにより、国産木材の使用率向上に注目が集まっている。一方で、植林から伐採までにかかる期間のみならず、人材・流通・設備などを含めた多事情を巻き込んだ施策、システム形成が必要...
スーパーシティ候補地 北九州の歩み|まちづくりvol.37 バイオマス
ウッドショックが問う日本の住宅・林業界の行く末(後)
ウッドショックが問う日本の住宅・林業界の行く末(後)
ウッドショックへの短期的解決策としては、日本の外国産木材の輸入力強化や代替品の活用などが挙げられる。米国の住宅着工数急増の要因となった事実上のゼロ金利政策が、23年中に前倒しで...
スーパーシティ候補地 北九州の歩み|まちづくりvol.37
ウッドショックが問う日本の住宅・林業界の行く末(中)
ウッドショックが問う日本の住宅・林業界の行く末(中)
農林水産省は09年12月、日本の森林・林業を再生する指針となる「森林・林業再生プラン」を策定した...
スーパーシティ候補地 北九州の歩み|まちづくりvol.37
ウッドショックが問う日本の住宅・林業界の行く末(前)
ウッドショックが問う日本の住宅・林業界の行く末(前)
「ウッドショック」は木材価格の急激な高騰をもたらし、日本の木造住宅業界と関連する業界に大きな影響を与えた。世界的に木材は供給不足の状況となっているが、日本における影響は際立っている...
スーパーシティ候補地 北九州の歩み|まちづくりvol.37