2021年12月09日( 木 )
by データ・マックス

老舗ロシア料理店「ツンドラ」閉店~ネット対応の遅れも原因か

 福岡におけるロシア料理店の代名詞的存在だった老舗ロシア料理店「ツンドラ」が本日閉店する。「閉店する前にツンドラの料理を食べてみたい」と思った知人A。早速、ネット予約をしようとしたものの、対応していなかった。そこで、同店に予約の電話をかけたところ「電話での予約は受け付けておりません。申し訳ありませんが、店の前で並んで待っていただくことになります」との答えが返ってきたという。

 「仕方がない」と思ったA。翌日の昼に直接同店を訪れたところ、店の前には長蛇の列ができていたとのこと。ざっと見ても100人超が並んでおり、泣く泣く帰宅したそうだ。後日、Aは「閉店間際の店で、あれだけ行列ができるのもすごいが、ネット予約などができれば、せっかく来たお客さんを長時間待たすようなことをせずに済むのに。あれでは僕と同じように行列を見て帰った人も多いと思うよ」と語った。

 後継者不在やテナント料の値上げなどが同店閉店の主な理由だというが、ネット予約に対応していないなど世の趨勢に乗り遅れたことも理由の1つに挙げられるのかもしれない。

関連記事