2024年04月19日( 金 )

【中洲ビル動向】出店問い合わせ増加も地価調査で市内唯一の下落

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

コロナ警報解除に期待

 福岡県は10月14日付で、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に独自に発出していた「福岡コロナ警報」を解除した。県ではこれまで、感染対策の認証を受けた店舗に対しては営業時間を午後9時まで、酒のオーダーは午後8時半まで(認証外の飲食店は営業時間を午後8時まで、酒のオーダーは午後7時半まで)とするよう要請していた。

 福岡コロナ警報が解除されることによって、各飲食店は営業時間を従前通りに戻すことが可能となる。感染対策は必要不可欠だが、コロナ警報解除による、飲食店主らの来店客数増加への期待感は高い。

 ただ、コロナ禍の影響で、夜に中洲へ行くという習慣がなくなり、そのまま足が遠のいたという人も少なくはない。また今後、感染拡大の“第6波”が到来した場合には、再度の制限がかけられる懸念も十分に考えられるため、夜の街中洲が築き上げてきたエリアブランドの真価が問われるのはこれからだと言えるだろう。

駅から徒歩1分のセブン-イレブンが営業していた場所
駅から徒歩1分のセブン-イレブンが営業していた場所

【代 源太朗/坂田 憲治】

法人名

関連記事