HOME > 地域・文化

地域・文化

2021年01月15日 16:29

「ほどよい距離」と「1人」、そして「あっち側とこっち側」(前)

  朝日新聞(2021年1月9日付)の「be between 読者とつくる」欄に、「ソロ活動は好きですか?」という見出しで「ソロブーム」についての分析があった。「ソロの活動が好きですか...

2021年01月10日 14:27

相撲協会は神聖なのか 初場所途中中止のリスクも

  「コロナ感染拡大の張本人は飲食業界」と断じられて虫けら扱いである。ところが日本政府は相撲協会を神聖化している。濃密生活の見本は相撲部屋である。リスクが予測された通りになってしまった...

2021年01月08日 11:39

【縄文道通信第57号】大麦が日本を救う(後)

  現在、日本は国家の安全保障に重要な食料自給率で約37%と言われている。一方、日本中に休耕地が余っていることも知られている。大麦の栽培は米より簡単で、日本の北から南までどこでも生産が...

2021年01月08日 11:29

降雪による救援要請を757件受付~JAF九州

  日本自動車連盟(JAF)九州本部は本日、寒気の影響による降雪で路面凍結などを受けたロードサービス救援要請を7日から本日午前8時までに757件受け付けたと発表した...

2021年01月08日 09:32

九州エリア、1時間あたりの使用電力が冬季最高値を更新

  九州電力送配電(株)は7日、九州エリアにおける1時間あたりの使用電力が冬季過去最大記録を更新したと発表した。同社は要因として、気温の低下により暖房需要が増加したことをあげている...

2021年01月07日 15:00

【縄文道通信第57号】大麦が日本を救う(前)

  縄文時代に、縄文人は約1,500種類におよぶさまざまな自然の恵みを工夫して、食生活を営んできたことは、すでに考古学上でも実証されてきた。たとえば、貝類350種類、魚類200種類、哺...

2021年01月06日 10:22

東福岡高校の明暗~全国ラグビーフットボール大会と全国サッカー選手権大会

  1月3日、ラグビー、サッカーともに東福岡高校が登場した。ラグビーはベスト8、サッカーはベスト16。試合の結果、ラグビーは21−21の引き分け、抽選でベスト4進出。サッカーは0-0、...

2020年12月30日 08:00

「幸先詣」や「オンライン初詣」!?~コロナ禍で変わる初詣のかたち

  大晦日の夜中から正月三が日を中心に、多くの人々が押し寄せるように神社やお寺にお参りする初詣は、例年ならば“三密”の温床ともなりかねない行事だ。そこで、全国約8万社の神社を包括する「...

2020年12月23日 07:00

黒田恭一とアナログレコード(後)

  レコードは金と手間暇がかかる。私のオーディオ機器でも、おそらく総額150万円は軽く超えるだろう...

2020年12月22日 14:48

黒田恭一とアナログレコード(前)

  黒田恭一がこの世を去ってから11年が過ぎた。クラシック音楽の評論家で、特にオペラには造形深く、独特の表現力で多くのファンを得ていた。評論活動だけではなく、『20世紀の名演奏』(NH...

2020年12月21日 16:26

脊振の自然を愛する会が脊振山系におけるレスキューポイント設置の功績により早良区役所から感謝状を授与

  「脊振の自然を愛する会(代表:池田友行氏)」が16日、脊振山系レスキューポイント設置に対して、脊振山系での携帯電話調査で提携したドコモ九州、(株)ドコモCS九州とともに、早良区役所...

2020年12月21日 14:05

アビスパ、ウノゼロ完勝で有終飾る 福岡1-0徳島

  サッカーJ2リーグのアビスパ福岡は20日、ホームのベスト電器スタジアムに徳島ヴォルティスを迎え、シーズン最終節の試合を行った...

2020年12月17日 09:30

【縄文道通信第56号】縄文道とヒューマノミックス-人間主義経済―小島慶三先生の視座(後)

  小島慶三先生との個人的思い出は沢山あるが、3つを紹介したい。1番目の思い出は、筆者が日商岩井(株)の代表として5年赴任していた西豪州のパースから帰国して、さまざまな寄稿文を小島先生...

2020年12月17日 09:22

アビスパ福岡、5年ぶりJ1復帰決める

  アビスパ福岡公式アンバサダー豊永阿紀が独唱するチャントが、声を出せないアビスパサポーターの思いをいっぱいに乗せてベススタを満たしたときに、あるいはこの歓喜の結末は決まっていたのかも...

2020年12月16日 15:30

【縄文道通信第56号】縄文道とヒューマノミックス-人間主義経済―小島慶三先生の視座(前)

  今から8年前、筆者の尊敬していた、「巨星」と表現しても良い小島慶三先生が亡くなられた。 現代は政治のリーダーがいない時代であるが、日本経済新聞社の武山泰雄常務が引退後の故・竹下元首...

pagetop