コダマの核心
2021年07月26日 15:54

【菅独裁政権に学ぶ(番外編)】オリンピック選手が活躍、深層心理は難解

  東京オリンピックの大会3日目で、日本選手団の金メダルは6個と出足は好調である。金メダル30個はなかなか難しいかもしれないが、それに迫るところまで日本選手団は健闘するだろう...

2021年07月24日 14:11

【菅独裁政権に学ぶ(5)】さぁ、東京オリンピック開幕。結末は?

  東京オリンピック誘致を決定し、1年延期させた安倍晋三が開催式の出席をボイコットした。この厚顔無恥な神経には驚き、あきれる。不参加の本音は「コロナに感染したくない」であった。本人はま...

2021年07月24日 13:25

【菅独裁政権に学ぶ(4)】福田赳夫(元首相)氏を見習っては

  『評伝 福田赳夫』(五百旗頭真監修、岩波書店)を5日かけて読破した(約700ページ)。福田氏は、オイルショックで崩壊寸前だった日本経済を再建させ、1972年から1982年まで「絶好...

2021年07月23日 15:19

【菅独裁政権に学ぶ(3)】2021年8月、東京オリンピックによって「日本沈没」が明らかとなる

  スガ親分!昨日の夜は「日本一の政治権力を握っても虚しいもの。本当に身内も含めて誰もが敵になる」と地団駄を踏み、悔しい思いで眠れぬ一夜を過ごしたことでしょう。

2021年07月22日 19:54

【菅独裁政権に学ぶ(2)】東北人の「強さ・弱さ」

  昔々のことである。友人Aは運送拠点を拡大して秋田まで進出した。待遇にもかなり気をつけていた。

2021年07月19日 12:01

【菅独裁政権に学ぶ(1)】近々未来を検証

  まず、菅首相は二股をかける、または多元的な思考をすることがまるで不能、考えることができない...

2021年07月14日 16:06

老化は確実に進む(11)老化は極まり劣化に転ずる~稚劣、事なかれ主義横行で終わり

  山口FGの地方支店長が、筆者のところに相談に来る。「我々、末端の支店長のところには、山口FGの今回の人事抗争の説明情報がまったく流れてこず、どうして吉村会長が代表権を失ったのかわか...

2021年07月12日 15:25

老化は確実に進む(10)生存権の行動発揮が救い

  「よくまぁ、社員たちはガマンできるものだ」と疑問を抱く不思議な会社、A社があった。なんといってもオーナーが好き勝手に物事を行う。例えば、会社に彼女を連れ込んでいちゃつく。社員を意味...

2021年07月02日 16:30

山口FG・吉村猛会長、平取締役降格~「田舎芝居」を観覧しての所感(4)

  頭取が田中耕三氏から2人挟んで吉村猛氏へと続いた山口銀行および山口フィナンシャルグループの近未来はどうか。厳しい予測であるが、ほかの強力な金融グループに飲み干されてしまうしかない...

2021年07月02日 10:00

山口FG・吉村猛会長、平取締役降格~「田舎芝居」を観覧しての所感(3)

  谷正明氏は近い将来、福岡銀行、ふくおかフィナンシャルグループの「中興の祖」と呼ばれるようになるだろう。福岡銀行も平成初頭のバブルで傷ついており、2000年前後には最大のピンチを迎え...

2021年07月01日 10:51

山口FG・吉村猛会長、平取締役降格~「田舎芝居」を観覧しての所感(2)

  有森隆著『住友銀行暗黒史』の記述を割愛して紹介する。磯田一郎は住友銀行(当時)頭取・会長ポストを歴任。「中興の祖」と呼ばれた。財界の要職も兼務したが、娘への盲愛からヤクザに付け込ま...

2021年06月30日 15:34

山口FG・吉村猛会長、平取締役降格~「田舎芝居」を観覧しての所感(1)

  バンカーによるスキャンダルが全国津々浦々で発生していることからもわかるように彼らが皆誠実というわけではない。人間であり誘惑に駆られるのは日常茶飯事である...

2021年06月28日 10:51

老化は確実に進む(9)オンナに手玉に取られた山口銀行のオトコたち~明治維新主導の長州は終わった

  桂小五郎(木戸孝允)は43歳で亡くなった。精神的不安定=鬱病が寿命を短くしたといわれる。この人物があと10年存命だったならば明治政権の色彩も大きくチェンジしただろうと惜しまれている...

2021年06月16日 15:14

老化は確実に進む(8)老人大国の国民に

  当社が発行している『I・B』の夏季特集号を貫くテーマは「日本人は覚醒するのか~日本を救うのはわれわれ企業人!」。日本の劣化は進行するが、それを救える経営者とはどのようなものか...

2021年06月14日 11:12

老化は確実に進む(7)17億円で会社を売った人 8億円で売れない人

  17億円で会社を売ったAは76歳。慰労会を73歳のBの別邸で行った。Bの会社には8億円の値が付けられている。Bも自身の会社を売る策を練っており、探りを入れる意図もあって慰労の飲み会...

pagetop