わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月18日 07:00

雅楽を生で聴いた人、いますか?(後)

大さんのシニアリポート 第81回

 実質的な主(ぬし)でなくなるということは、カネが使えなくなるということだ。オーケストラ(雅楽)やバレエ団(久米舞などの舞手、舞人)を維持するには、いまだって大金を要する。昔もそうだったにちがいない。権力をもたなくなってからの宮廷の貧乏ぶりは、傍目にも気の毒だったらしい。とても雅楽どころではなかった。

 ちなみに近代の天皇家の財産はというと、「明治十三年から二十二年までのあいだに、政府の手で、なんとそれまでの六千倍にふやしてもらった」結果であり、「伊勢神宮の式年遷宮(本殿の建てかえ)も、二十年ごとというきまりが、百数十年にわたって中断されていることは誰でも知っているが、順調にくりかえされている時でさえ、天皇自身が全然参列しなかったりした時代がある」。その理由を、「時の権力者に足止めをくらっていたか、それともよっぽど台所が苦しかったか、どちらかだろう」と林は指摘する。

 その雅楽が、1200年以上生き延び、輸入された当時の装束や楽器そのままに演奏されている不可思議さ。発祥の地とされている中国や東南アジアの国々では、とうに絶え、その名残さえない。「古代宮廷音楽がこの列島にのこっている」という不可思議さ。

 さらに、雅楽は日本の音楽に、まったく重要な影響を与えることがなかった。つまり、雅楽は発祥の地でとうの昔に滅びたにもかかわらず、日本にのみほぼ原型のまま残されている。「雅楽はまさに輸入洋楽の典型だ。『文化国家』の華々しい出発点をかざった大オーケストラは、空しく保存されただけだった」と林はいう。

 日本音楽や芸能の源泉となった「輸入洋楽」は、「声明」であり、「散楽(さんがく)」だった。あえて影響を与えた音楽といえば、国歌「君が代」(ドイツ人エッケルト監修、作曲?)の調性が雅楽の「壱越調旋律」くらいのものだった。わかりやすくいうと、「君が代」は「レ」ではじまり「レ」で終わる。西洋音楽の調性にはない。

 宮内庁楽部の伶人(れいじん)(雅楽演奏者・楽師)だった芝祐靖さんが昭和59年、突然宮内庁楽部を退職。笛の主奏者という重職を棄てての決断になにがあったのか。翌年、「伶楽舎」を立ちあげ音楽監督に就任。民間人に雅楽を学ぶ場を提供した。「ポン太と神鳴りさま」という子ども向けの作品も手がけ、文化庁の事業で全国約140校の小中学生たちに雅楽を紹介して回った。文化勲章受章者。伶人という立場を蹴って敢然と下野したのは、時の権力(者)に反抗したのか、日本の伝統音楽になにも影響を与えなかった雅楽への謀反なのか…。

 林光は自著のなかで、名残さえない古代宮廷音楽(雅楽)がこの島(日本列島)に残っているのは、「日本列島は行きどまりだから、輸入したものがそこから先へ抜けないで、たまってしまうのだ、と言ったひともいる」という。

 日本列島を「辺境の地」というのなら、この人物と著作を忘れてはならない。内田樹(日本哲学研究家、武道家、思想家…)の『日本辺境論』(新潮新書)である。内田は著書で、「日本人は後発者の立場から効率よく先行の成功例を模倣するときには卓越した能力を発揮するけれども、先行者の立場から他国を領導することが問題になると思考停止に陥る」と指摘する。

 政治的にも文化的にも先行する中国や東南アジアの音楽(雅楽を含む)を取り込み、一部は日本流に改良を加えて自分のものにするが、雅楽のように改良に不向きなものは、他国に領導することなく(棄てればいいのに)保存したまま今に至る。「行き止まりの国」(林)だから、「領導することもなく(知らずに)」(内田)いるのが日本人なのである。(カラオケで演歌しか歌わない)「ぐるり」のメンバーが、雅楽(名前だけでも)を知っているというのは、それだけ長い間塩漬けにされてきたからに他ならない。特筆すべきなのだろう。

(了)

<プロフィール>
大山眞人(おおやま まひと)

 1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務ののち、ノンフィクション作家。主な著作に、『S病院老人病棟の仲間たち』『取締役宝くじ部長』(文藝春秋)『老いてこそ二人で生きたい』『夢のある「終の棲家」を作りたい』(大和書房)『退学者ゼロ高校 須郷昌徳の「これが教育たい!」』(河出書房新社)『克って勝つー田村亮子を育てた男』(自由現代社)『取締役総務部長 奈良坂龍平』(讀賣新聞社)『悪徳商法』(文春新書)『団地が死んでいく』(平凡社新書)『騙されたがる人たち』(近著・講談社)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月10日 14:15

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(17)~生産背景が変わる青果NEW!

 青果物にはすでに際立った変化が表れている。それは生産背景の変化だ。農家の高齢化がいわれて久しいが、それは今後、農家の消滅の危機をはらむ。団塊の世代がリタイアするからだ。

2019年12月10日 13:28

中国経済新聞に学ぶ~長江デルタ一体化 活気あふれる成長源にNEW!

 12月1日に発表された「長江デルタ一体化発展計画綱要」は、長江デルタ一体化発展の「早送り」を押した。台頭中の世界6位の都市クラスタ、「一帯一路」及び長江経済ベルトの...

2019年12月10日 13:00

「手続的正義」どっちが大悪?~東名高速あおり運転事故(後)NEW!

 米国経済では信用の低い企業の貸付債権を担保に発行されたCLOのリスクが注目を集めている。2007年の世界金融危機がCDOに端を発しているとしたら、今回はCLOが経済...

2019年12月10日 12:20

北九州に「辛麺屋桝元 八幡店」オープンNEW!

 新たな麺文化として人気が高まっている「辛麺」元祖の店として知られる(株)桝元(本社:宮崎県延岡市、長曽我部隆幸社長)は10日、北九州市八幡西区に「辛麺屋桝元 八幡店...

2019年12月10日 12:00

民法改正で変わる時効期間 飲み屋のツケにも影響あり?NEW!

 前回(民法改正で変わる 賃貸契約の保証人)は、およそ120年ぶりの大改正となる民法の債権関係に関する規定のなかから、賃貸借契約についてご説明いたしました。今回は、「...

2019年12月10日 11:55

「地球にマングローブを!!プロジェクト」が活動報告NEW!

 インドネシアで地球環境の保全のためにマングローブの植林や森林の保全事業を行っている「地球にマングローブを!!プロジェクト」(福岡市博多区)が、活動報告を行った。

2019年12月10日 11:19

山本太郎氏が野田前首相の地元で消費税廃止を叫ぶ~千葉・船橋NEW!

 れいわ新選組の山本太郎代表は9日、千葉のJR船橋駅前で街頭記者会見を開き、消費税の5%への引き下げで野党各党が合意できない場合は次期衆院選で、野田佳彦前首相が選出さ...

2019年12月10日 11:00

間違いだらけの大学英語入試~経済政策にひた走る文科省!(中)NEW!

 文科省が、もともと開発目的の異なる7種の試験(ケンブリッジ英語検定、英検、GTEC、IELTS、TEAP、TEAP CBT、TOEFL iBT。TOEICは最終的に...

2019年12月10日 10:38

リクルートキャリアのリクナビ問題は~人材データの利活用のあり方が問われる事態に飛び火(中)NEW!

 問題の背景には、人手不足により学生優位の「売り手市場」が続いていることにある。学生側が企業を選別しようとする動きが強まるなか、採用する企業側はより優秀な人材を確保し...

2019年12月10日 10:33

「哲人」中村哲氏への別離の弁NEW!

 12月2日、弊社では月刊誌「致知」をテキストにした社内勉強会「木鶏会」を行っていた。テーマは「精進」である。精進するためには、まず理念、目標を設定しなければならない...

pagetop