HOME > 脊振の自然に魅せられて

脊振の自然に魅せられて

「脊振の自然を愛する会」の代表・池田友行氏による、脊振山系の四季を伝えるエッセイ。
2018年11月08日 14:56

『脊振の自然に魅せられて』「リンドウ」竜胆 リンドウ科

   リンドウは秋を代表する花として広く知られており、花屋さんの店先に並んでいるのをよく見かけます。  脊振の山で秋に咲くリンドウを見かけたことはありませんが、地元の人によると咲...

2018年10月29日 14:11

『脊振の自然に魅せられて』「サラシナショウマ」晒菜升麻 キンポウゲ科

   10月半ば、脊振の野や山で試験管を洗うブラシを思わせるような白くて長い花が咲きます。背丈は1m〜1.5mぐらい、穂先は30cmから50cmで、白くて小さい花の部分がブラシ状に集...

2018年10月24日 15:15

『脊振の自然に魅せられて』「ジンジソウ」人字草 ユキノシタ科 ユキノシタ属

  雨の日の撮影  脊振の写真集「脊振讃歌 Ⅱ」出版に向けて準備中ですが、写真リストのなかで足りないものがあります。  秋の花「ジンジソウ」、晩秋に渓谷沿いの山道に咲く...

2018年10月19日 13:26

『脊振の自然に魅せられて』「レイジンソウ」伶人草 キンポウゲ科 トリカブト属

   9月末から10月中旬ごろ、沢ぞいの登山道に気品のある花が咲きます、レイジンソウです。  同じ仲間のトリカブトほど花は大きくはありません。花のかたちが似ていますが小ぶりです。...

2018年10月10日 15:49

『脊振の自然に魅せられて』「ヨメナ」嫁菜 キク科 ヨメナ属

   秋を彩る花といえば田地ではヒガンバナ、野原ではキク科の植物であるヨメナでしょう。どこの野原でも見かける花ですが、よく観察すると実に可愛い花です。  ほかの植物と一緒に咲いて...

2018年10月02日 11:36

『脊振の自然に魅せられて』「モミジハグマ」紅葉白熊 キク科 モミジハグマ属

   数年前の8月の終わり頃、仲間と縦走路から脇道へ入り、細い山道を下っているとモミジに似た葉から伸びた細い茎の上に珍しい花が咲いていました。  それは「モミジハグマ」だと花に詳...

2018年09月26日 12:34

『脊振の自然に魅せられて』「カワミドリ」シソ科 カワミドリ属

   9月初め、車で脊振の林道を走り、金山の登山口へ向かっていると、日あたりが良い林道の法面に初めて見る背丈1mぐらいの明るい紫色の花が群生していました。  車のトランクか...

2018年09月18日 17:35

『脊振の自然に魅せられて』「スズコウジュ」シソ科シソ族~日本独特の固有種

   山の季節はすっかり秋になりました。  今年は7月の豪雨の後、猛暑が続き、めぐみの雨は降らずじまいで山の植物にとっては過酷な日々だったと思います。それでも植物は季節を感じ、花...

2018年09月06日 07:00

脊振の自然に魅せられて(番外編:背振を離れて想うこと「生活」)(後)

  赤ギレ  栄養状態の悪さから、冬になると必ずといっていいほど、手の甲に赤ギレができて痛みます。暖かくなると無性に痒くなり、手の甲をたたいて痒みを我慢しました。子どもの私に...

2018年09月05日 14:10

脊振の自然に魅せられて(番外編:背振を離れて想うこと「生活」)(前)

  小豆ごはん  私の家は貧しい生活を送っていましたが、毎月1日には朝食に小豆ご飯が出てきました。白米は小豆により赤く染まり、豆は割れて白い中身が剥き出しになっていました。食...

2018年08月29日 07:00

脊振の自然に魅せられて(番外編3)~子どものころの思い出

  風呂  この時代、内風呂がある家は、あまりありませんでした。私の住んでいた長屋では僕の家と舟木のおばちゃんの家ぐらいで、隣の由紀子ちゃんの家には内風呂がありま...

2018年08月28日 15:10

脊振の自然に魅せられて(番外編2)~子どものころの思い出

  写真機  小学校に入る前まで、大きな池のそばにある家に住んでいました。父は、その当時ではめずらしく写真に凝っていました。父は公務員、しかも戦後すぐで、日本全体が貧しい時...

2018年08月27日 16:00

脊振の自然に魅せられて(番外編1)~僕の少年時代 『あした天気になあーれ』

   私は少年時代を筑豊の炭鉱町、飯塚市で過ごしました。過ごしたのは小学校5年生までです。6年生になると、父の転勤で同じく炭鉱町である田川市へと引っ越しました。  戦...

2018年08月07日 15:13

『脊振の自然に魅せられて』「コバギボウシ」小葉擬宝珠 ユリ科

   フィルムカメラの時代、コバギボウシを求め、福岡市早良区の坊主ケ滝上部の岩場に何度も足を運びました。この場所には、落差20mの滑り台状の大滝や脊振山系で落差・スケールとも大きい二...

2018年07月31日 10:36

『脊振の自然に魅せられて』涼を求めて・沢登り

   今年の暑さは格別で、連日猛暑が続いています。福岡市では35度以上の猛暑日が続き、最高気温が38.2度になった日もあり、まさに酷暑です。  夏の山は沢に限ります。毎年、脊振山...

pagetop