• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月21日 13:01

新型コロナウィルス問題に隠された真実(後編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2020年2月21日付の記事を紹介する。


 中国人の食に賭ける思いには日本人の想像を絶するものがある。たとえば、先に述べたが、絶滅の危機に瀕しているトラについて。もちろん、中国政府は野生のトラを捕獲したり、その肉を食べることは禁止している。しかし、「禁止されると余計に食べたくなる」というのも歴史の証明するところであろう。

 2014年3月、南方日報によれば、「広東省で非合法のトラ肉クラブが摘発された」という。地元の富裕層と政府の幹部が密かに「禁止されている」野生の動物の肉を食べていたところが見つかり、逮捕されたのである。では、なぜ見つかったのだろうか?

 実は、このパーティーに参加していた人物が酔っ払って、その場の勢いで、写真をSNSに投稿したからだった。監視システムの進む中国ではこうした非合法の食事会も監視の対象になっている。習近平体制の下では、党や政府の幹部の汚職を防ぐため、こうした過剰な接待やワイロの受け渡しを厳しく取り締まるようになった。

 中国では獰猛なトラの肉は精力増強に効果があると信じられている。そのため、トラの肉も骨も毛皮も高値で取引され、投資の対象にもなっているほどだ。とくに、南方の広東省ではトラの売買は公然の秘密とされてきた。2007年の人民日報には「生きたトラを密売する業者が摘発された」とか、「トラの骨と毛皮が多数押収された」といった記事が掲載されていた。

 漢方医の間では「トラの骨はもちろん目玉が人の視力回復に効果がある」と受け止められているようだ。何しろ、トラといえば獰猛さはいうにおよばす、勇気と力を象徴する生き物。そのため、成功したビジネスマンや腐敗した政府の役人の間では「トラを食べれば、昼間の頭を使う仕事も夜の身体を使う仕事もうまく行く」と信じられている。とくに人気が高いのは「タイガーステーキ」と生姜入りの「タイガー・ペニス・スープ」とのこと。

 表向きは禁止されているのだが、「蛇の道は蛇」といわれるように、トラの肉や骨は闇取引が一向になくならない。トラの骨を浸したワインはネット上で高い値段で売られている。500ミリリットルのボトルが日本円で1本170万円ほどだ。

 いずれにせよ、なぜ武漢が発生の拠点となったのかは検討に値する。いうまでもなく、武漢は中国の中心に位置し、中国最長の揚子江の中心でもある。ところが、2010年以降、上流300kmに建設された三峡ダムの影響もあってか、揚子江で水揚げされる魚介類に異常が見られるようになってきた。自然な流れが堰き止められ、沿岸からの工場廃液や家庭からの汚水が川底に堆積し、水質の汚染が加速したのである。揚子江の魚を料理したり、食した人々が次々に体調を崩し、入院する騒ぎが起こり、入院患者の血液を検査した結果、コロナウィルスが確認された。

※続きは2月21日のメルマガ版「新型コロナウィルス問題に隠された真実(後編)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月13日 07:00

解体アタッチメントレンタル・修理 ニッチ事業で首都圏、アジアへ(前)NEW!

 建設機械アタッチメントのレンタルや修理・販売を行う油機エンジニアリング(株)。積極的な事業展開を進める同社の強みについて、代表取締役社長・牧田尚起氏に話を聞いた...

2020年07月13日 07:00

共感人口を増やし、住み続けたい宗像に――(前)NEW!

 「宗像市は福岡市と北九州市の中間に位置し、両政令市への交通利便性が高いことで、住宅開発が活発に行われ、市としても住みやすいまちづくりに努めてきました...

2020年07月13日 07:00

変貌しつつある大阪港~IRという“バクチ”で儲かるのは誰か?(前)NEW!

 IR推進法が国会で成立したのは、2016年12月。17年7月には、IR実施法も成立した。IR推進法は、IRに関する基本法であり、IR実施法はIR推進法第5条に基づく...

2020年07月12日 20:16

【速報】鹿児島県知事選2020:塩田氏が三つ巴制して初当選 三反園県政に県民は「NO」   

 今日、投開票された鹿児島県知事選挙で、新人で前九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が当選を確実にした。 

2020年07月12日 13:53

【鹿児島県知事選2020】塩田氏一歩リード 現職・三反園氏伸び悩む

 今日、投開票が行われる鹿児島県知事選挙の情勢調査で、新人で前九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が一歩リードしていることがわかった。地元紙などが実施した最新の世論調...

2020年07月12日 07:00

自民党が外国人材受入れ推進を安倍首相に提言~高度人材や技能実習生など(中)

 外国人は、来日時に住居を見つけにくいと言われている。そのため、「外国人のための賃貸住宅入居の手引き」をつくり、部屋探しをしやすい環境を整える...

2020年07月12日 07:00

【縄文道通信第35号】天職ガイド 縄文人の職の現代へのつながり 縄文道 ― 武士道 ― 未来道(後)

 住生活はどうであろうか。縄文の家は竪穴式住居と言われ、地面を少し堀り、そこに石を敷き堅牢な柱を立てて、藁葺と萱で外装と屋根をつくる、すべて木造の建物である...

2020年07月11日 15:19

【みやき町】ふるさと納税再開へ

 佐賀県みやき町は、10日、同町内のコミュニティセンターこすもす館で、ふるさと納税再開に向けた事業者説明会を行った。

2020年07月11日 07:00

開発から半世紀を経て団地再生へ「宗像・日の里モデル」とは(後)

 ほぼ全域が1965年から始まった日本住宅公団(現・UR都市機構)の土地区画整理事業で開発されたもので、その面積は217.6haと、当時としては九州最大規模だった...

2020年07月11日 07:00

変貌しつつある大阪港~アフターコロナ時代の万博を 実現できるか?(4)

 万博関連インフラ整備は、概ね順調に進んでいるが、万博開催については新型コロナウイルスの影響は避けられない状況だ。10月に開催予定だったドバイ万博は1年間延期...

pagetop