HOME > 企業・経済

企業・経済

2019年08月14日 07:00

『盛和塾』稲盛塾長、最後の講演(8)

  そうだ、確かにあなたがいう通り、私は冷たかったかもしれない。だが問題は、なぜ冷たくしたのかだ。今までずっと赤字を続けてきた会社の社長が黒字を出した。しかし、あの時の黒字は豆粒ほどの...

2019年08月13日 07:30

ラグビー界を改革できる唯一無二の存在・森新会長

  『ヒゲ森』の愛称で、選手、指導者そして現在は協会の会長として日本ラグビー界に貢献し続けている森重隆氏。まもなくアジア初のラグビーワールドカップ2019日本大会(以下W杯)が開幕する...

2019年08月13日 07:15

『盛和塾』稲盛塾長、最後の講演(7)

  一生懸命に頑張ってくれる人には、「ありがとう、さらに努力してくれ」というし、間違っている人には、「おまえは間違っている」とはっきりいう。また、経営者である自分自身が間違っている点を...

2019年08月13日 07:03

まちかど風景・博多区中洲~地上8階建てのナイトクラブのその後

  福岡市中央区中洲4丁目、那珂川沿いの一角にある空き地。建設が予定されているのは、「博多ビューテラス」。建物の概要は、鉄骨造で地上8階建てのナイトクラブ。完成後は各種飲食テナントが入...

2019年08月13日 07:00

【パチンカー代の『釘読み』】私たちはなぜパチンコを辞められないのか(後)

  前稿では勝ちの経験=成功体験が尾を引きパチンコを止められない可能性について言及した。パチンコホール通いを減らせない・やめられない理由としてほかに何が考えられるのだろうか。

2019年08月12日 07:30

スシローの新業態 大衆寿司居酒屋「鮨・酒・肴 杉玉」

  スシローグループの(株)スシロークリエイティブダイニング(本社:大阪府吹田市、金井智秀社長)が手がける大衆寿司居酒屋「鮨・酒・肴 杉玉」は7月、8店舗目を兵庫県神戸市に出店した。

2019年08月12日 07:00

『盛和塾』稲盛塾長、最後の講演(6)

  二代目、三代目になると、意思伝達するのにきついことを言ったら逃げられはしないか、反発されはしないだろうかと、どうしても遠慮しがちになります。そうすると、フィロソフィを語るにしても格...

2019年08月12日 07:00

【パチンカー代の『釘読み』】私たちはなぜパチンコを辞められないのか(前)

  パチンコ・スロットが辞められない。900万人を超える遊技ファン全員が「依存症」とも思えない。根本的な理由はどこにあるのか。自他ともに認めるヘビーユーザーの2人が話し合った。

2019年08月11日 07:30

うつ、発達障害、認知症の新しい治療法 ニューロフィードバックが本格始動

  うつや認知症の兆候を超早期に発見し、モチベーションを高める脳に改善する―。ストレス社会にぴったりの治療法が今、注目を集めている。脳波をモニターして、脳トレーニングを繰り返すことで、...

2019年08月11日 07:05

日韓交流よもやま話(6)

  名古屋高等検察庁で吉村徳則という検事長から、「村井さん、こっちきてちょっと韓国の話をしてください」と頼まれたので講演をしました。その時に、「ドイツはあんなに無茶苦茶なことをして、ユ...

2019年08月11日 07:00

『盛和塾』稲盛塾長、最後の講演(5)

  自分には教養がない、ましてや哲学の本、宗教の本なんて読んだことがない。学生時代もあまり勉強していなかったので、ボキャブラリーも不足している。だから、塾長の講話録から抜き出して、その...

2019年08月10日 07:15

日韓交流よもやま話(5)

  戦後、日本の総理は韓国に対して非常に気を遣っておられました。いわゆる戦前の贖罪があるのでしょうが、とにかく韓国には気を遣っていました。たとえば、文部大臣だった藤尾正行氏が舌禍事件を...

2019年08月10日 07:10

『盛和塾』稲盛塾長、最後の講演(4)

  人間は生きていくために、いろいろな知識を身につける必要があります。しかし、そのような知識をもつだけでは、実際にはほとんど役に立ちません。知識を「こうしなければならない」という信念に...

2019年08月10日 07:05

高機能の高麗紅参茶を提案、臨床試験で記憶の効果を確認

  高麗人参を用いた商品開発・研究を展開するオンガネジャパン(株)。自社開発の高麗人参原料「ONG-70/90HN高麗紅参エキス」を用いた臨床試験による記憶の機能性を確認。同原料を用い...

2019年08月10日 07:00

【認知症対策の課題】経産省の認知症対策実証事業がスタート 官民が連携し「検査法の確立」「予防商品の開発」へ 官民が連携し「検査法の確立」「予防商品の開発」へ

  少子高齢化で認知症対策が国家的な課題となるなか、経産省は19年度から「認知症対策官民イノベーション実証基盤整備事業」を展開する。同事業は2018年6月に閣議決定された「未来投資戦略...

pagetop