HOME > 地域・文化

地域・文化

2020年12月17日 09:30

【縄文道通信第56号】縄文道とヒューマノミックス-人間主義経済―小島慶三先生の視座(後)

  小島慶三先生との個人的思い出は沢山あるが、3つを紹介したい。1番目の思い出は、筆者が日商岩井(株)の代表として5年赴任していた西豪州のパースから帰国して、さまざまな寄稿文を小島先生...

2020年12月17日 09:22

アビスパ福岡、5年ぶりJ1復帰決める

  アビスパ福岡公式アンバサダー豊永阿紀が独唱するチャントが、声を出せないアビスパサポーターの思いをいっぱいに乗せてベススタを満たしたときに、あるいはこの歓喜の結末は決まっていたのかも...

2020年12月16日 15:30

【縄文道通信第56号】縄文道とヒューマノミックス-人間主義経済―小島慶三先生の視座(前)

  今から8年前、筆者の尊敬していた、「巨星」と表現しても良い小島慶三先生が亡くなられた。 現代は政治のリーダーがいない時代であるが、日本経済新聞社の武山泰雄常務が引退後の故・竹下元首...

2020年12月16日 13:08

『脊振の自然に魅せられて』晩秋の雷山―井原山―三瀬峠縦走(後)

  雷山の山頂を目指して登山道を歩いていると、携帯電話の呼び出し音が鳴った。早良区役所からの感謝状交付式の連絡だった。「ここは携帯がつながるのか」と驚き、区役所の担当者に「今、山にきて...

2020年12月16日 11:37

アビスパ福岡、今日J1昇格決定も

  サッカーJ2リーグは16日、各地で第41節の試合を行う。現在2位につけているアビスパ福岡は、アウェーのニンジニアスタジアムで愛媛FCと対戦する。首位徳島は大宮と、3位長崎は甲府とそ...

2020年12月15日 16:07

『脊振の自然に魅せられて』晩秋の雷山―井原山―三瀬峠縦走(前)

  晩秋の山歩きは人出が少なく、寒さも感じられるが、山好きにとっては良い季節だ。12月3日、脊振の自然を愛する会のM氏を誘い、雷山・井原山を縦走した...

2020年12月14日 16:09

アビスパ快勝で昇格&優勝見えた! 福岡2-0京都

  サッカーJ2リーグのアビスパ福岡は13日、ホームのベスト電器スタジアムに京都サンガF.C.を迎え、第40節の試合を行った...

2020年12月09日 14:00

【縄文道通信第55号】縄文道と現代アニメーション文化―世界はなぜ日本のアニメ文化に注目するのか――縄文道の視点からの考察(後)

  岡本太郎画伯がはじめて縄文土器と出会い、土器のもつ迫力と凄まじいエネルギーに感動し、縄文文化研究を始めた話は有名だ...

2020年12月08日 17:28

『脊振の自然に魅せられて』番外編:紅葉の四王寺山散策(後)

  昼食予定の野外音楽堂に着いた。広い音楽堂のベンチで間隔を空けて、それぞれが昼食をとった。昼食のメニューは人それぞれであり、個性豊かで面白い。女性が参加するとデザートがまわってくるし...

2020年12月08日 16:29

【縄文道通信第55号】縄文道と現代アニメーション文化―世界はなぜ日本のアニメ文化に注目するのか――縄文道の視点からの考察(前)

  日本にはなぜ漫画文化が深く根づいているのか、縄文道の視点から歴史的に俯瞰したい。漫画の歴史を紐解くと、漫画文化の始まりは平安時代の絵巻物や鳥獣戯画と言われている。しかし、はたしてそ...

2020年12月07日 16:00

アビスパ、J1昇格への執念見せる 金沢2-2福岡

  サッカーJ2リーグのアビスパ福岡は6日、ホームのベスト電器スタジアムにツエーゲン金沢を迎え、第39節の試合を行った。この日の天候は快晴。澄みわたった冬の青空に雲はほとんどなく、ピッ...

2020年12月07日 15:48

『脊振の自然に魅せられて』番外編:紅葉の四王寺山散策(前)

  「脊振の自然を愛する会」の会員でスキー仲間のSに依頼して11月18日に、太宰府近郊の四王寺山散策に参加した...

2020年12月04日 09:30

【縄文道通信第54号】縄文文化―ユートピア論(後)

  縄文人は前回紹介した環境において、弓矢、釣り具をつくる原料の黒曜石を、産地の信州、伊豆、神豆島、大分などから全国に流通させていた...

2020年12月03日 14:33

アビスパ、貴重な勝ち点で昇格に大きく前進 岡山1-1福岡

  サッカーJ2リーグのアビスパ福岡は2日、アウェーの香川県丸亀市・Pikaraスタジアムでファジアーノ岡山と第38節の試合を行った...

2020年12月03日 11:00

【縄文道通信第54号】縄文文化―ユートピア論(前)

  新型コロナウイルスの世界的な蔓延で、人類は改めて生存の危機を感じ始めた。さまざまな世界的な識者の見解を見ていると、悲観論が蔓延している感がある...

pagetop