HOME > 企業・経済

一般

2019年06月11日 09:46

平成挽歌―いち雑誌編集者の懺悔録(6)

今回書くのはカネにまつわる話だが、決して告発しようというのではない。いかに講談社という会社が今とは違って、すべてにおいておおらかだったかを示す証左として書いておこうと思ったのだ。私...

2019年06月11日 09:00

突如、コクヨが、ぺんてるの“筆頭株主”になったワケ~根底にはぺんてるの創業家と経営陣のお家騒動が(後)

騒動の発端は、2012年5月、ぺんてるの創業家3代目、堀江圭馬社長が取締役会で解任されたクーデター劇に溯る。ぺんてるの前身は、1911年に筆職人・堀江利定氏が創業した筆屋「堀江文海...

2019年06月10日 16:54

突如、コクヨが、ぺんてるの“筆頭株主”になったワケ~根底にはぺんてるの創業家と経営陣のお家騒動が(前)

コクヨの「キャンパスノート」、ぺんてるの水性ボールペン「エナージェル」は、学生から愛用されている文具だ。コクヨが突如、ぺんてるの“筆頭株主”に躍り出たことから、ぺんてるが猛反発。文...

2019年06月10日 15:18

キリン氷結®、リニューアル直後の新商品発売~熊本産すいか(限定出荷)

キリンビールは、同社人気ブランドの「氷結®」から「キリン 氷結® 熊本産すいか(限定出荷)」(以下、熊本産すいか)を7月9日から全国発売すると発表した。同商品の販売期間は、出荷状況...

2019年06月10日 10:15

行き場失う日本の「廃プラ」狙う インド人が飛び込みで買付

 中国や東南アジア諸国にまで、日本の廃プラスチックの輸入禁止が広がっている。そのため、日本の廃プラの行き先がいまだに決まっていない。この状況に目をつけてか、先日福岡県内の産廃業...

2019年06月07日 17:26

宇部市の旧山口井筒屋宇部店跡購入を検証する

(株)井筒屋(本社:北九州市北区、影山英雄社長)は、昨年7月31日、山口井筒屋が運営する宇部店(山口県宇部市)、連結子会社のコレット井筒屋が小倉駅前で運営するコレット(北九州市北区...

2019年06月07日 16:28

お仏壇のはせがわ、19年3月期は減収減益

関東、東海、九州エリアを中心に仏壇仏具の販売を手がける(株)はせがわが、2019年3月期の業績を発表した。同期の売上高は、関東エリアで全区画ペットとともに埋葬可能な霊園の新規受託販...

2019年06月07日 14:09

日通、北九州に医薬品センター着工

日本通運は(株)(本社:東京都港区、齋藤充社長)は、新たな医薬品サプライネットワーク構築の核となる「九州医薬品センター」(北九州市小倉南区)の着工を3日から開始した。同社は医薬品に...

2019年06月07日 09:16

新公式キャラクター「ろくすけ(c)」を発表~(一社)スポーツひのまるキッズ協会

(一社)スポーツひのまるキッズ協会(東京都千代田区、永瀬義規代表理事)はこのほど、協会の公式キャラクターを制作、6月9日(日)に横須賀市総合体育会館で開催する「三笠艦記念 第11回...

2019年06月06日 18:11

【書評】日本が抱える問題に切り込む『日本を殺すのは、誰よ!』 ~新井紀子、ぐっちーさん(著)

 内閣府は3月の景気動向指数からみた国内景気の基調判断を前月までの「下方への局面を示している」から「悪化を示している」と下方修正した。景気は良いと聞かされながらも実感をもてず、...

2019年06月06日 16:55

【現場レポート】ICT土工のメリット、デメリットを探る

糸島市にある中村組(株)(中村陽介社長)は従業員7名の小さな建設会社だ。同社は現在、福岡県発注の県道54号福岡志摩前原線の道路改良工事(工期2月2日〜6月28日)を請け負っている。...

2019年06月06日 16:24

起業家支援で不動産・金融4社が提携~福岡市で一括支援サービス「ばり楽創業プラン」始まる

日本商業不動産保証が、三好不動産やアイ・ビー・ビー、日本政策金融公庫の3社と行っている創業支援プロジェクト「とっくに保証くんNEXT」に新たなサービスが加わった。その名も「ばり楽創...

2019年06月06日 15:52

九州電力、卒FITの太陽光発電からの買取単価7円に~契約変更にビジネスチャンス、新プランにIoTサービスの割引も

九州電力は、2019年度に固定価格買取制度(以下、FIT)の期限である10年を迎える太陽光発電の買取単価を1kwhあたり7円とすることに決めた。

2019年06月06日 15:28

OYO LIFEが大手不動産11社と提携 供給加速へ

6日、OYO LIFEは大手不動産11社との業務提携を発表した。今月から順次、各社がOYO LIFEへ物件情報を提供し、OYO LIFEが借上げを検討していくという。

2019年06月06日 14:56

再開見えぬ産廃処分場の今

福岡市博多区にある金隈産廃処分場は、(株)和幸商会が昨年10月28日まで運営していた。同社は産廃処分業許可を更新できずに、許可期限が切れたため、閉鎖されたままだ。数年前から処分場の...

pagetop