わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ

国際

2016年08月08日 11:16

期待が寄せられている成長因子とは?(前)

  日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)  タンパク質とは、私たちの体の筋肉、血液、毛髪、皮膚、臓器などを構成する栄養素であり、生命活動において、なくてはならないも...

2016年08月08日 07:02

ドナルド・トランプ候補の支持率はなぜ急降下したのか(2)

  副島国家戦略研究所・中田安彦  民主党大会の直前にあった、民主党全国委員会へのハッキングで入手された民主党幹部のメールのウィキリークスへの流出をめぐる対応でもトランプは大...

天才投資家ジョージ・ソロスと冒険投資家ジム・ロジャーズの中国分析から何を学ぶか(4)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  一方、ソロスとともに「クォンタム・ファンド」を立ち上げ、10年間で4,000%を超える驚異的なリターンを実現したのが、ジム・ロジャーズであ...

2016年08月05日 14:16

ドナルド・トランプ候補の支持率はなぜ急降下したのか(1)

  副島国家戦略研究所・中田安彦  アメリカ大統領選挙の本選挙の前の大きなお祭りである、共和党、民主党の党大会が7月末に行われた。共和・民主の両党の大統領候補と副大統領候補が正式...

2016年08月05日 13:14

東ヨーロッパには何があるのだろう(7)

  神と神の戦い ヴィリュニス、リガ、タリンと三国の首都を結び200万人が600kmにわたって手をつないだ人間の鎖  今でこそ、ローマカトリックが8割を占めるこの国も、...

天才投資家ジョージ・ソロスと冒険投資家ジム・ロジャーズの中国分析から何を学ぶか(3)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  加えて、ソロスは、メディアの使い方が天才的だ。自らの情報に内外のメディアが飛びつくような極秘情報をちりばめる手法には、世界のジャーナリストた...

2016年08月04日 09:42

東ヨーロッパには何があるのだろう(6)

  街には教会がある ヴィリュニス大聖堂  バルトの街には、視界のどこかに教会がある。  海や高い山に隔てられることなく、限りない神の違う民族が出逢えば、そこには必ず争...

天才投資家ジョージ・ソロスと冒険投資家ジム・ロジャーズの中国分析から何を学ぶか(2)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  2015年9月、アメリカを訪問した習近平国家主席をシアトルで迎えたのは、アメリカのIT長者たちであり、いずれも中国市場で成功を収めた顔ぶれ...

天才投資家ジョージ・ソロスと冒険投資家ジム・ロジャーズの中国分析から何を学ぶか(1)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  このところ、“ヘッジファンドの雄”と異名をとるジョージ・ソロスが注目しているのが、中国の動きである。というのも、日本で広がる「中国崩壊説」...

2016年08月03日 07:02

東ヨーロッパには何があるのだろう(5)

  Laba diena Vytas(こんにちは!ヴィタス)  リトアニア人のヴィタスは、国境を越えてヨーロッパを旅するバスのドライバーだ。そんなヴィタスは、10歳を頭に息子2人と...

2016年08月02日 14:19

東ヨーロッパには何があるのだろう(4)

  物価が安いということは…靴を買う親子 ホテルのすぐそばにある、親子が靴を選んでいたマキシマが入るショッピングセンター マキシマはXの数で規模が違う  ホテルから出て大...

2016年08月02日 07:03

韓国経済ウォッチ~韓国造船業の深刻な不況と構造調整(後)

  日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)  それから、韓国の造船業が構造調整のタイミングを逸するようになったもう1つの要因は、原油高である。  原油高により原油価...

2016年08月01日 13:30

中国の 猛暑を歩いて 自己鍛錬

   NetIB-Newsでは、日本グルンバ総合研究所代表であり、大人気ブロガーで情報通の飯山一郎氏のブログ記事から、一部を抜粋して紹介する。今回は、8月1日付の記事を続けて紹介する...

2016年08月01日 10:25

韓国経済ウォッチ~韓国造船業の深刻な不況と構造調整(前)

  日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)  「構造調整」とは、もともと企業が時代の変化とともに、いらなくなった事業や非効率的になった事業を整理し、組織に変化を持た...

2016年08月01日 07:02

TPP協定批准で日本は米国の植民地になる!(後)

  元農林水産大臣・弁護士 山田 正彦 氏 日本語の正文がなく奇妙  ――とても怖い話ですね。ところで、TPP協定を日本政府はあたかも「農業」だけの問題のような説明をしていま...

pagetop