2022年01月20日( 木 )
by データ・マックス

 2月28日、経済情報誌『I・B』を発行する(株)データ・マックスでは、建設・不動産需要の高まりを受け、九州の建設・不動産業界に焦点を当てた情報誌『I・Bまちづくり』を創刊いたします。

 九州で注目の再開発や熊本の復興状況、地方の魅力あるエリア、注目サービスや注目企業を取り上げてまいります。こちらでは、掲載記事の一部を公開いたします。

■媒体概要
名称:『I・Bまちづくり』
形態:A4版/オールカラー
発刊:偶数月(下旬発刊)
発行:5,000部

下関市のこれから|まちづくりvol.28

重要なのは住民の理解と情報共有(後)
重要なのは住民の理解と情報共有(後)
国立大学法人九州大学応用力学研究所新エネルギー力学部門風工学分野准教授内田孝紀氏風力発電への期待と課題――風力発電事業に…
木造×鉄骨造 の13階建ビルにハイブリッド耐震システム「木鋼組子(モッコウクミコ)」(後)
木造×鉄骨造 の13階建ビルにハイブリッド耐震システム「木鋼組子(モッコウクミコ)」(後)
木造らしさを伝える「木鋼組子は、ベースを組み合わせることでデザインに柔軟性があるため、オフィスや商業施設、学校、市庁舎な…
重要なのは住民の理解と情報共有(前)
重要なのは住民の理解と情報共有(前)
国立大学法人九州大学応用力学研究所新エネルギー力学部門風工学分野准教授内田孝紀氏計画内容は適切か――大和エネルギー(株)…
“自然利用か、自然破壊か”糸島にそびえ立つ最大10基の風力発電機(5)
“自然利用か、自然破壊か”糸島にそびえ立つ最大10基の風力発電機(5)
糸島市と唐津市の行政界・女岳の七山側で計画されている「(仮称)DREAMWind佐賀唐津風力発電事業」。事業者の大和エネ…
木造×鉄骨造 の13階建ビルにハイブリッド耐震システム「木鋼組子(モッコウクミコ)」(中)
木造×鉄骨造 の13階建ビルにハイブリッド耐震システム「木鋼組子(モッコウクミコ)」(中)
(仮称)道玄坂一丁目計画外観イメージ東急不動産は、(仮称)道玄坂一丁目計画への木鋼組子の採用にあたり、「本社のある渋谷ソ…
CLT 工法
“自然利用か、自然破壊か”糸島にそびえ立つ最大10基の風力発電機(4)
“自然利用か、自然破壊か”糸島にそびえ立つ最大10基の風力発電機(4)
糸島市と唐津市の行政界・女岳の七山側で計画されている「(仮称)DREAMWind佐賀唐津風力発電事業」。事業者の大和エネ…
木造×鉄骨造 の13階建ビルにハイブリッド耐震システム「木鋼組子(モッコウクミコ)」(前)
木造×鉄骨造 の13階建ビルにハイブリッド耐震システム「木鋼組子(モッコウクミコ)」(前)
中高層建築への木材利用木造の長所の1つは軽さだが、S造やRC造に比べて強度がないため、中高層の建物を木造とするにはいかに…
【検証】福岡の観光業に追い打ちをかける 宿泊税は愚策ではないのか?(後)
【検証】福岡の観光業に追い打ちをかける 宿泊税は愚策ではないのか?(後)
なぜ宿泊税を凍結しないのか福岡市はHP上で、3月下旬に寄せられた宿泊税導入の延期を要望する声に対して、「本市においては、…
“自然利用か、自然破壊か”糸島にそびえ立つ最大10基の風力発電機(3)
“自然利用か、自然破壊か”糸島にそびえ立つ最大10基の風力発電機(3)
糸島市と唐津市の行政界・女岳の七山側で計画されている「(仮称)DREAMWind佐賀唐津風力発電事業」。事業者の大和エネ…
東京都が進める踏切対策~京王線高架化が実現するのはいつか?(後)
東京都が進める踏切対策~京王線高架化が実現するのはいつか?(後)
東京都都市圏には、JR、私鉄、地下鉄を含め18社の鉄道会社があり、その路線数は84路線に上る。都心部の山手線内エリアに多…
【検証】福岡の観光業に追い打ちをかける 宿泊税は愚策ではないのか?(前)
【検証】福岡の観光業に追い打ちをかける 宿泊税は愚策ではないのか?(前)
県と2市が課税する宿泊税「I・Bまちづくりvol.15」(2019年6月末発刊)誌上で、「宿泊税導入で本当に観光振興でき…
東京オリンピック・パラリンピック
西区・橋本駅前で区画整理事業が始動
西区・橋本駅前で区画整理事業が始動
ランドマーク「木の葉モール橋本」福岡市西区橋本から、市内屈指の商業集積地・天神までを結ぶ「福岡市地下鉄七隈線」(以下、七…
“自然利用か、自然破壊か”糸島にそびえ立つ最大10基の風力発電機(2)
“自然利用か、自然破壊か”糸島にそびえ立つ最大10基の風力発電機(2)
糸島市と唐津市の行政界・女岳の七山側で計画されている「(仮称)DREAMWind佐賀唐津風力発電事業」。事業者の大和エネ…
東京都が進める踏切対策~京王線高架化が実現するのはいつか?(前)
東京都が進める踏切対策~京王線高架化が実現するのはいつか?(前)
東京都都市圏には、JR、私鉄、地下鉄を含め18社の鉄道会社があり、その路線数は84路線に上る。都心部の山手線内エリアに多…
何が「セクハラ」になり得るのか正しい知識を
何が「セクハラ」になり得るのか正しい知識を
前号までパワーハラスメントについて述べてきましたが、本号では「セクシュアル・ハラスメント」(以下、セクハラ)について解説…
“自然利用か、自然破壊か”糸島にそびえ立つ最大10基の風力発電機(1)
“自然利用か、自然破壊か”糸島にそびえ立つ最大10基の風力発電機(1)
糸島市と唐津市の行政界・女岳の七山側で計画されている「(仮称)DREAMWind佐賀唐津風力発電事業」。事業者の大和エネ…
下関の未来について
下関の未来について
下関市長前田晋太郎氏下関市長前田晋太郎氏下関市は、本州と九州および大陸との接点でもある地理的条件から、内外の交通の要衝と…
下水道スタートアップチャレンジ開催“スマートシティにらむも実現は遠い?”(後)
下水道スタートアップチャレンジ開催“スマートシティにらむも実現は遠い?”(後)
下水のウイルス濃度を監視いよいよ下水道もAIで管理する技術が開発されようとしているのかと思ったが、いろいろ話を聞いている…
川辺川ダム建設中止は蒲島知事の判断“今さら民意をタテにするな!”(4)
川辺川ダム建設中止は蒲島知事の判断“今さら民意をタテにするな!”(4)
前熊本市長幸山政史氏球磨川流域の治水対策をめぐる、蒲島郁夫・熊本県知事の発言がブレまくっている。発災直後は「ダムによらな…
川辺川ダム
下水道スタートアップチャレンジ開催“スマートシティにらむも実現は遠い?”(前)
下水道スタートアップチャレンジ開催“スマートシティにらむも実現は遠い?”(前)
下水道事業へのICT導入国土交通省は2019年9月から、下水道業界とIT系など異業種業界とのマッチングを目的に、「下水道…